空前のゲームブーム到来…それを母は「全否定」した【「ゲームは悪?」母と私がたどり着いた答え Vol.1】

みなさま、いつもお読みいただきありがとうございます。mochiko.です。

今回、育児中のみなさまにお伺いしたいことがございまして、全5話のコミックエッセイを描きました。

空前のゲームブーム到来…それを母は「全否定」した【「ゲームは悪?」母と私がたどり着いた答え Vol.1】
母はゲームそのものに否定的だった
題して「ゲームって悪だと思いますか?」です。

なぜこんな質問をみなさまにしているかといえば、私の幼少期にさかのぼりながらお話しようと思います。

夏休み直前の今、ゲームとお子さんの関係にお悩みの方もいるのではないでしょうか。

■母はゲームそのものに否定的だった
まさにテレビゲームのれい明期にして全盛期でした
私が3~4歳の頃、まさにテレビゲームのれい明期にして全盛期でした。

ビッグタイトルはもちろん、どんなゲームでも発売されればたちまち大盛り上がりになり、テレビアニメとアニメの間のCMはゲームCMで埋まっていた記憶があります。

ゲームが大嫌いな母はこのテレビゲームブームに非常に否定的でした
しかし、ゲームが大嫌いな母はこのテレビゲームブームに非常に否定的でした。

私は新作ゲームが売られる現場中継や、テレビゲームを極めた人たちの大会を見るのが大好きだったのですが、母の反応は“冷たい”の一言では片づけられないほどのものでした。

母が、そのような放送を目にすると「ゲームは悪だ。頭が悪くなって人生が終わるんだ」と私に言いました。
 
 

■教育熱心な母による幼児塾・複数の習い事が本格化! 唯一の癒やしは…
教育熱心な母による幼児塾・複数の習い事が本格化! 唯一の癒しは…
そのころの私は、教育熱心な母による幼児塾・複数の習い事が本格化。

就学前だというのに、1に勉強、2に勉強、345もすべて勉強という難関校の受験生のような生活の中で、私の唯一の癒やしといえば…

父のやりかけのゲームでこっそりと遊ぶことでした
父のやりかけのゲームでこっそりと遊ぶことでした。

ゲームそのものに否定的な母は、そんな私の姿を快く思うはずがありませんでした
しかし、ゲームそのものに否定的な母は、そんな私の姿を快く思うはずがありませんでした。

これが原因となり、私と母の関係が悪化していきます。

次回に続く(全6話)毎日14時更新!

 
 

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/16 14:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます