”試される”豪州戦に…なでしこMF塩越柚歩「いろいろなチャレンジをしていきたい」

拡大画像を見る

 日本女子代表(なでしこジャパン)MF塩越柚歩が、14日に行われるMS&ADカップ2021のオーストラリア女子代表戦を前にオンラインで取材に応じた。

「コンディションも整って、今は完全に合流しています」と調整を済ませチーム入りしていることを明かした塩越は、東京五輪前の貴重な対外試合に向け「自分自身は(代表での試合)経験が少ないので、大会前に貴重な経験の場になると思います。出場機会があれば、自分がどれだけできるか試したいですし、周囲との関係性を築きたいです。いろいろなチャレンジをしていきたいです」と意気込みを語った。

 代表では新顔ながら、出た試合では結果を出している塩越。「先発で出られない試合、途中から出るのであれば、自分だけでなく、交代選手はみんな、チームに勢い付けられるプレーを求められる。豪州戦もどうかかわるかわからないが、チームに勢い付けられるプレーを頑張りたい」と“ジョーカー役”としての役割も自覚しつつ「5人交代だと、ベンチにいれば出る確率も高いと思うし、日程もある。途中からでもチームを助けるプレーを積極的にやっていきたいです」と交代枠にも言及した。

 また、「試合前は緊張しますが、試合に入ればそこまでしないというか、動いてしまえば緊張は解けるタイプ」と自己分析する同選手。「落ち着いていると見られるタイプでもある。そのイメージは悪いことではないと思っているので、いいところとしてやっていければと思います」とメンタルの強さを誇った。続けて、「今回の合宿から合流したが、気のせいかもしれないが、落ち着いてプレーができていると思っています。選択肢の発見など、千葉合宿での気づきが直接影響しているかはわからないが、おちついてできています」とコメントしている。

関連リンク

  • 7/13 13:47
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます