山田裕貴、“マイキー”吉沢亮のとあるシーンに「すげぇかっけぇ!」『東京リベンジャーズ』舞台挨拶

拡大画像を見る

コロナ禍の影響を受けながら幾多のリベンジを経て、ついに公開となった実写映画『東京リベンジャーズ』。この度、公開記念の舞台挨拶が実施され、北村匠海、山田裕貴、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮という超豪華キャストが登壇した。



映画鑑賞者からは「想像以上だった!最高!」「ボロ泣き、再現度すごかった」「もう1回しっかり見たい!」などの熱い声がSNS上に続々と上がっている本作。

舞台挨拶に登壇した北村さんは「無事公開することが出来ました。何度も何度も何度も撮影が止まり、公開延期になりと、リベンジを繰り返してきたこの作品が、やっと皆さんの元に届くことを嬉しく思っています」と感無量といった様子で挨拶。


山田さんも「ようやくここまで辿り着けたことが本当に嬉しくてたまりません。全国の劇場で沢山のお客さんが集まってくれているんだと思うと、胸に来るものがあります」と映画が無事公開になったことに対してコメント。間宮さんは久々のマスコミと観客と両方が入った舞台挨拶について「すごく懐かしい感じがします。マスコミの皆さんもこれだけ入って、お客さんもこれだけ入っていて、舞台挨拶はこれだなぁ~!という感じがしてとても嬉しいです」と話し、ついに従来の形で舞台挨拶を実施できたことへの喜びを語った。

北村匠海、磯村勇斗ら“溝高五人衆”と過ごした時間が「全部好き」



MCからの「映画の中で一番“エモい”と思うシーンはどこですか?」という質問を受けた主人公タケミチを演じる北村さんは、磯村さんたち“溝高五人衆”と過ごした時間がエモかったとコメント。「現場に入る前に芝居を合わせる時間もあって、当時は自粛前だったので、本読みの後に昼から飲みに行ったりもして、芝居上だけで構成される関係性ではなく、プライベートでも醸し出る繋がりから出来た溝高のシーンは、自分の学生時代も思い出しつつ、全部好きです」と告白。

ドラケン役の山田さんは吉沢さん演じるマイキーとのシーンを挙げ、「一番エモいのは(映画の後半で)マイキーが1人でふらっと陰の方に行って、“心配かけさせやがって…!”って言ってボロって泣くところ! エモいっすよね。すげぇかっけぇ! って思いました」とコメント。すると、吉沢さんも「あそこは強がっているマイキーから素に戻るマイキーというか、ちょっとしたニュアンスの違いなんですけど、ギャップみたいなものを意識しながらやらせてもらいましたね」と応じた。

今田さんは北村さん演じるタケミチとの会話シーンについて、「マンションの下でタケミチの傷を治しながら会話するシーンのヒナタの台詞がすごく好きで。“だったら頑張って10年後も私と一緒にいて”っていうシーンはすごくグッときましたね」とコメント。


鈴木さんは映画を観終わった観客に対して「僕の演じたキヨマサはエモいシーンは見当たらないんですけど、エグイシーンは沢山ありましたよね(笑)」と話しかけつつ、「エモいシーンは見当たらないんですけど、タケミチが倒さなければいけない強大な壁という役どころだったので、本当に悪に徹して、自分の善意は捨てて、キヨマサとしてやらせてもらったので、そうした面では非常に良かったなと思っています」と自身の役柄について振り返った。

吉沢亮、「打ち合わせ一切してない」シーンも



眞栄田さんは自身のクランクインシーンでもあり、本編の中でも眞栄田さん演じるミツヤが初めて登場するシーンを選び、「あのシーンを観るとやっとトーマンの一員になれたなっていうのもあってエモいですね」とコメント。

清水さんは「僕の出ているシーンは(出演時間的に)CMなので(笑)自分以外のところでいうと、パーちんのプライドを懸けたタイマンシーンは、ウルっと来ちゃって。ヤンキーとしての筋だったり、仲間同士の絆だったりが滲み出ていて、熱いし、エモいし、素晴らしいなと思って観ていましたね」と話し、磯村さんは「劇中でよくタケミチにヘッドロックするんですけど、匠海のサイズ感が丁度良かった(笑)学生時代のシーンでもやっているし、最後の方のシーンでもやっていて、それが繋がっていくところがエモいなと思いましたね」と語った。


「僕と尋也に関してはこの映画に出ていること自体がエモいのではないかと(笑)」と明かしたのは間宮さん。「劇中で“種は巻いた”という台詞があったんですが、種蒔きっぱなしの状態なので、ちゃんとキサキとハンマの暗躍の芽が出て育って行くように、続編を願いながらでたという意味も込めて、エモい出演だったのかなと思います」と、早くも次回作への期待を煽る発言で会場を盛り上げた。

そして、吉沢さんは山田さん同様、マイキーとドラケンのシーンを選び、「タケミチの学校に乗り込んで喧嘩するシーンが、エモくて。アドレナリンがバンバン出ていて、最後に僕が落とした学ランをケンちん(ドラケン)がすっと出してくれて、僕がノールックで取るというのが、打ち合わせ一切してないんですけどマイキーとドラケンの関係性がめちゃくちゃ出たなと思って個人的にエモくなってましたね」と語った。

北村匠海、TikTokでバズったあの台詞を言いたかった!?



また、Twitter募集で選ばれた「自分以外のキャラクターでこれ言いたかったなという台詞は?」という質問には、北村さんがTikTokで流行っているマイキーの「ひよってるやついるか~?」の台詞が言いたかったと回答。劇中でその台詞を披露している吉沢さんは「超熱くなるシーンのはずなのに、“あそこのシーンでめちゃくちゃ笑った(笑)”みたいなコメントがあって、そんなシーンじゃないんだけど!と思ってそれが面白かったですね」と語った。

山田さんがタケミチの「分かっているよ!俺の人生クソだって!」という台詞を挙げると、北村さんは「あのシーンは撮影中断から再開して1日目だったとので、その鬱憤のままやりました」と、撮影秘話を明かした。

最後に北村さんは「今とても必要なメッセージが詰まっている作品だと思っています。過去にタイムリープすることはできませんが、劇中でタケミチが一歩踏み出す勇気を示してくれたように、東京リベンジャーズという作品が皆さんの勇気の1つになってくれたらいいなと思います」と熱くコメント。「僕らもこの映画に熱量を込めて作ってきました。皆さんの心にこの作品が残ってくれたら嬉しく思います」と、イベントを締めくくった。

『東京リベンジャーズ』は全国にて公開中。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
東京リベンジャーズ 2021年7月9日より全国にて公開予定
©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

関連リンク

  • 7/11 15:37
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます