「鯥」って何て読むっけ…?社会人なら知っておきたい魚の《難読漢字》4選

漢字を読まないといけないときに、まったく読めないと恥ずかしいですよね。中でも、日常で馴染みのある食材の漢字が読めないと恥ずかしい!高級魚として有名な魚も紹介するので、社会人なら要チェックですよ♪それでは、魚の難読漢字をみていきましょう!

大人なら知っておきたい魚の難読漢字①鯥


鯥は、「むつ」と読むのですが、はじめて見たという人もいるかもしれません。ムツ科の魚で、硬骨魚と呼ばれる種類です!煮付けや塩焼き、鮮度が高いときはお刺身でも食べられるそうですよ♡特に、寒い季節においしく食べられるのだとか。鯥を見つけたら、漢字だけじゃなく魚の特徴も思い出してみて!
(広辞苑より)

大人なら知っておきたい魚の難読漢字②鰒


鰒は、誰もが知っている高級魚の名前!読み方は、「ふぐ」ですよ♪敵から身を守るために、ぷーとお腹を膨らませる仕草がとてもかわいい魚♪旬は冬で、毒があることでも知られています。有名な鰒のお刺身は、「てっさ」と呼ばれることも!お店で料理を注文するときに読む機会があるかもしれないので、ぜひ覚えておいてください♡
(広辞苑より)

大人なら知っておきたい魚の難読漢字③鰊


こちらの難読漢字は、「にしん」と読みます。鰊は有名な魚なので、読み方を聞くと納得できそう♪魚へんの横に使われている漢字が珍しいので、要注意!鰊の卵は、お正月によく食卓に並ぶ数の子です。鰊と数の子をセットで覚えておくと、より社会人としての漢字レベルがアップしますよ♪また、日本では主に北海道に生息しているのだとか!
(広辞苑より)

大人なら知っておきたい魚の難読漢字④鱚


鮮度の高さが決め手となる魚で、読み方は「きす」です♪天ぷらが有名ですが、塩焼きやほかの調理方法でもおいしく食べられますよ♡釣りが趣味の人の中には、鱚を釣ったことがある人もいるかも!知名度の高い魚で、意外な場所で登場するかもしれないので、読み方を覚えておくといいかもしれませんね。
(広辞苑より)

魚の難読漢字は社会人に必要なスキルかも!


日本人は、釣りが趣味の人も多く、魚を食べる機会が多いので、魚の名前の漢字は知っておきたいですよね♪デートや会社関係の人との食事で、魚を使った料理のメニューを読むこともあるはず!大切な場面で失敗しないように、魚の難読漢字は覚えておくことをおすすめします♡

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/9 7:35
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます