戸田恵梨香・永野芽郁『ハコヅメ』夏ドラ1位確定「あのドラマ」の黄金パターン

拡大画像を見る

 7月7日から放送開始する『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)。戸田恵梨香(32)がワケあり元エース刑事の藤聖子、永野芽郁(21)が天然新人の川合麻依を演じる。

 まず、単純に戸田&永野が並んだ絵面の収まりが良い! ドラマをガッシリと引き締めてくれる戸田のヒーロー感。ふんわりとしていながら、芯の強い永野のヒロイン感。良い予感しかしない。

 同じ日本テレビ系「水曜ドラマ」枠の『白衣の戦士!』(2019年)で、中条あやみ(24)と水川あさみ(37)のコンビに元気づけられたことを思い出した。医療モノと警察モノ、ジャンルは違うが、サバサバしたスゴ腕の先輩、おっちょこちょいだが熱意はある後輩のドタバタ成長劇は、胸が熱くなる黄金の設定。若者はテンションが上がるし、中年は初心を思い出す。この『ハコヅメ』も、週ど真ん中の疲れを吹き飛ばしてくれそうだ。

 また、この最強ペアを支えるメンバーに山田裕貴(30)、西野七瀬(27)の名が! 山田裕貴は刑事一係の山田武志役。戸田演じる藤に振り回される役だという。前クールに放送されていた『特捜9 season4』(テレビ朝日系)で演じた新藤刑事役の後輩っぷりが素晴らしく、新藤ロスになっていたので本当にありがたい! 山田はもう「熱い後輩枠」で一人勝ちしている感すらある。このドラマでも存分に振り回され、愛されキャラを炸裂してほしい。

■名セリフがボコボコ出てくる?

 そして捜査一係の紅一点、牧高美和役を演じる西野七瀬。2020年の『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の相原くるみ役と、auのCM「意識高すぎ!高杉くん(KDDI)」シリーズ「貯杉先生、登場」篇で大好きになった。はんなりとした口調と気の強さが絶妙に混ざり合ったムードがたまらない! 今回も楽しみだ。

 このように個性派揃いの『ハコヅメ』。キャストだけではなく、「交番のおまわりさん(しかも女性)」をメインに描いたドラマは意外になかった。この点でも、シンプルに興味深い。

 予告を見ると、戸田から「警察官の主な仕事はサンドバックだよ」という名言が早くも登場! 『踊る大捜査線』(フジテレビ系)での、恩田すみれ(深津絵里/48)の伝説の名ゼリフ「警察はアパッチ砦なんかじゃない。会社。」を思い出してしまった。元警察官の泰三子氏の漫画が原作の「警察のホンネ爆発」、第1話から期待大である。(田中稲)

関連リンク

  • 7/6 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます