テラスでお肉を豪快に頬張りたい!この夏、贅沢気分に浸れるステーキハウス3選

テラスで美食を愉しみたいなら、ステーキハウスがおすすめ。

極上の焼き具合のステーキ肉を、開放感溢れるテラスで食べる時間は至福のとき!

早速、美味しいステーキを楽しめる3軒をご紹介しよう。



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

アメリカの老舗ステーキ店の逸品をラグジュアリーなテラスで!『Morton's The Steakhouse』

テラス席は48席あり、狙うべきは通りに面した席


丸の内随一の美しさを誇る、仲通り沿いにあるステーキハウス。

洗練されたモノトーンの店内が人気だが、通りに面したテラスも評判だ。

優雅なラタンのチェアは座り心地も良く、 リゾート気分を盛り上げてくれる。サンセットの時間は特にムード満点!

2階に位置するため、並木の緑が眼前にあり、目にもやさしい。

美味しさが凝縮された「プライムポーターハウス」(680g)20,900円がおすすめ


こちらでは従来のステーキハウスとは、一線を画すステーキを愉しむことができる。

使用するのは、アメリカンビーフの中でも最高級のプライムビーフ。

これを2~3週間熟成させ、500℃のブロイラーで上下から高温で焼き上げる!食感はシルキーで滑らか。

ビーフブロスやスパイスを使った、オジューというコク深いソースが、ビールとの相性を底上げしてくれる。

ビールは「ザ・プレミアム・モルツ 」1,050円 。コクのあるふくよかな味わいがお肉に合う!


丸の内の中心という立地で、このリラックス感は希少。

ビールと共に楽しめば、都心にいながらリゾート気分を堪能できるはずだ。

六本木一丁目のエアポケット的なステーキハウス!

欲望の街をモダンに彩るテラス限定コースはコスパも抜群!『BLT STEAK ROPPONGI』

テラスはテーブル席が3つと、ソファ席が1つ。 週末は昼から予約が絶えないそうで、ご希望の方は お早めの予約が確実


六本木の「泉ガーデン」の中にあり、セレブご用達として知られる一軒。

店の奥に隠れるように作られたテラスは、六本木一丁目駅周辺のビル群の中に佇み、お忍び感満載。

白い石壁とトロピカルな植栽が、ハワイのリゾートを思わせる。

テラスでのみオーダーできる「テラス・ステーキプラン」6,800円(2名〜/16:00以降はサ別)


同店といえば、プライムグレードの肉を専用の窯を使い925℃で焼き上げるステーキが評判だが、そんなお肉をテラスで楽しめるお得なコースが「テラス・ステーキプラン」。

名物のポップオーバーやシーザーサラダの他、ステーキはサーロイン200g、トモサンカク150gのボリュームで6,800円と破格!

「よりカジュアルに、お店のエッセンスを楽しんでもらいたい」と作られたプランだけに、コスパの高さは折り紙付き。


シグネチャーメニューの「Tボーン ドライエイジング」2名様用 16,500円も不動の人気!

「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」1,000円をドラフトで。他にハワイアンビールもラインナップ


都会の中心にあるエアポケットテラスで、極上のひと時を過ごそう。

大手町でお肉の食べ比べはいかが?

オフィス街の地下に潜む隠れ家テラスで極上和牛を堪能『RRR otemachi Kobebeef&Wine』

テラスは20席ほど。テーブル席もあるが、ソファ席がゆったりしておすすめ


整然と高層ビルが立ち並ぶ大手町だが、地下1階の吹き抜けにあるテラスは意外にも開放感に溢れている。こちらは大手町駅から 徒歩1分のビジネスタワー「大手町プレイス」の地下にあるステーキハウス。

店名の通り、神戸牛を中心に、国産黒毛和牛や国外のお肉も取り扱う店だ。

ゴージャスな店内も人気だが、夏になると店前のテラス席から埋まっていくという。訪れるなら、ビルにサンセットが揺らめく時間帯が美しく、おすすめ!

お肉は火入れ中に休ませることで、中はしっとり食感に仕上げている。付け合わせの「焼き野菜」は900円~


和牛の美味しさを楽しむことができる「神戸牛と和牛の3種食べ比べ」15,400円は、手前から黒毛和牛牛、神戸牛、赤牛を各200gずつというボリュームが嬉しい。

火入れ中に休ませることで、中はしっとりとした食感で、旨みがギュッと凝縮。シンプルに塩で味の違いを楽しみたい。


こちらの特徴は、和牛とアメリカンビーフを取り揃えていること!

おすすめのアメリカンビーフ「アイオワプレミアム ブラックアンガス牛ステーキ Tボーンステーキ」(700g ~ 8,500円)は、見た目のインパクトも凄く、THEアメリカンといった雰囲気!

アメリカでトレンドとなっているニューイングランドスタイルの「NE IPA」¥900


ビールは横浜にある系列の「Revo Brewing」が作るクラフトビールをそろえ、日によってオンタップされる種類が変わる。

ソフトな口当たりとホップの香りがリッチな「NE IPA」と旨みが強くしっとりと仕上げた和牛はなるほど、互いの良さを引き立て合う!

大人の雰囲気漂うテラスで、極上のステーキを愉しもう!

夏の心地よい風を受けながら、テラスで愉しむ美食は格別だ。

さらにそこに冷えたビールがあれば、その時間は一層特別なものになる。

ひと息つきたい・・・。そんな日に、大切な人を誘って出かけてみてはいかがだろうか。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/2 5:00
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます