「家飲みビール」を10倍おいしくする「特殊準備ゼロ」ウラ技!

拡大画像を見る

 ビールがおいしい季節。ただコロナ禍で、飲食店での酒類の提供にはまだ制限が多い。だったら、自宅でゆっくり飲みたい。ということで、日本ビアジャーナリスト協会所属の“ビールのプロ”こぐねえ氏に、“家飲みビール”を簡単においしくする裏技を伝授してもらった。

 こぐねえ氏によると、「缶ビールはグラスに注ぐと、ふだんとは違うおいしさが感じられる」という。

「グラスに注ぐと、缶よりも飲み口が広い分、ビールそのものの香りや、風味を感じやすくなります。缶のままだと、黄金の液体と白い泡が見えず、視覚的にもそそりません」(こぐねえ氏=以下同)

 また、グラスの形状にもこだわろう。大手メーカーの缶ビールは、喉越しスッキリをうたったものが多く、

「円柱に近い直線的なシルエットのグラスのほうが、口にスーッと入っていきますので、喉ごしや爽快感が味わえます。35ccくらいの小さ目のグラスで、早めに飲んでしまいましょう。空気に触れて味が落ちる前に、テンポよく飲み干すのがオススメです」

 温度管理も重要だ。缶を一晩、冷蔵庫で寝かせると、味わいが変わるという。

「買ってきたら、すぐ飲みたい気持ちもよく分かりますが、帰宅中にビールが揺れると、炭酸が液体と分離してしまう。その状態で缶を開けると、ビール本来の味が楽しめません」

 飲み頃の温度は4〜8度。冷凍庫で一気に冷やすのはご法度だ。缶が破裂する危険があるうえ、冷やし過ぎて、香りや甘みを十分に感じられなくなるという。

「冷蔵庫で一晩置けば、炭酸が再度、液体に溶け込みますし、よく冷えて、おいしく飲めるんです」

 さらに、注ぎ方でも、味わいは変わるんだとか。この続きは現在発売中の『週刊大衆』7月12日号で。

関連リンク

  • 6/28 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます