谷垣健治アクション“超高速の忍者スタント”で幕開ける『G.I.ジョー』最新作予告編

拡大画像を見る

全世界興収シリーズ累計6億7,700万ドル(約737億円)を突破した大ヒットアクション映画『G.I.ジョー』シリーズの最新作『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』より、予告映像が日本初公開された。

舞台は日本。裏社会を牛耳る武闘派組織が支配するTOKYOに、漆黒の忍者が降臨。組織に暗殺された父の復讐のため、忍びの道を選んだ男“スネークアイズ”の壮絶な戦いが始まる――。

本最新作では、刀を武器に戦い、『G.I.ジョー』最強の戦闘能力を持つシリーズNo.1人気キャラクター、スネークアイズが主人公となり、これまで謎に包まれてきたスネークアイズ誕生の秘密が明らかになる。

そんなスネークアイズ役には、『クレイジー・リッチ!』のセレブ御曹司役で一躍注目を浴びたヘンリー・ゴールディングが抜擢。日本からも平岳大が出演。また、実写版『るろうに剣心』シリーズにも参加した谷垣健治が、ハリウッド映画でアクション監督を務める。


2020年1月~2月の間、ハリウッド映画史上最大規模となる、約2か月を超える日本各地での異例の長期ロケ撮影が行われた本作。今回到着した待望の予告映像では、レインボーブリッジでの激しいバイクチェイスシーンからスタート。バイクに立ち乗りし、並走するトレーラーのコンテナを足場に、三角跳びで攻撃をしながら車両に飛び乗るという、谷垣アクションの真骨頂“超高速の忍者スタント”が披露されている。

また、ある秘密組織に入門が許された男が、スネークアイズの象徴でもある漆黒のヘルメットを手にする、まさにスネークアイズ誕生の瞬間も映し出されている。


『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』は2021年、全国にて公開予定。

(cinemacafe.net)

関連リンク

  • 6/26 12:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます