【知らんかったコラム】唐揚げ専門店がやたら『からあげグランプリ金賞』を受賞してる理由 / 真相に衝撃「金賞ってそういうノリだったんスね」

拡大画像を見る

最近、唐揚げ専門店をやけに見かけるようになった。具体的にいつからか分からないのだが、「気づけばこんなところにも唐揚げ専門店が」って感じ。多分、流行っている。名前自体は知らないんだけど、なんか有名っぽいオーラを発している店も多い

そんな唐揚げ専門店と共によく見かけるのが「からあげグランプリ金賞受賞」の文字。何年連続金賞受賞とか掲げている店もあり、「こんなに店が多い中でグランプリなんてすごいなー」と唐揚げを頬張っていたわけだが、ふと思った。あれ? からあげグランプリ金賞獲ってる店多くね

・ジャンルの違いではない

例えば、ガストの姉妹店『から好し』は3年連続金賞と看板に書かれているし、スシローの唐揚げを監修している『からあげ!ごっち』も2021年金賞だし、シェーキーズだって2021年金賞を受賞している。さらには、オーケーストアの唐揚げまで金賞だ。

しょうゆダレや塩ダレなどジャンルが違うからだろうか? いや、そこらへんにある何気ない唐揚げ専門店でも、結構な勢いで金賞を見かける。なぜなら、冒頭の「なんか有名っぽいオーラ」はこの金賞受賞が発しているからだ。これは一体……?

・からあげグランプリ金賞の真相

そもそも、私(中澤)はこの『からあげグランプリ』なるものを唐揚げ屋の看板でしか見たことがない。名前的には権威めいた響きがあるから、なんとなく唐揚げ界のオスカーみたいな凄いのを想像して勝手に凄さを感じていたが、よく考えたら『からあげグランプリ』って何なんだろうか

そこで調べてみたところ、どうやら『からあげグランプリ』は、一般社団法人日本唐揚げ協会が主催しているものの様子。ますます権威っぽいオーラを感じるが、2021年の第12回からあげグランプリの結果を見てみると……

金賞めっちゃあるやん

しょうゆダレ、塩ダレ、スーパーなど部門に分かれているところは予想通りなのだが、しょうゆダレの中でも東日本、中日本など地域に分かれており全14部門。

さらに、その部門の中で金賞が複数あって、東日本しょうゆダレ部門なんて15店が金賞を受賞している。合計で言うと第12回に金賞を受賞したのは107店だった。あ、金賞ってそういうノリなんスね。

ちなみに、金賞の上には最高金賞があり、各部門1店舗が選ばれている。金賞がトップで、銀と銅が続くのかと思いきや、金賞の中から最高金賞が選ばれる形。つまり、からあげグランプリの金賞は、普通に考えると銀賞ということになる。ものは言いようだなあと感じた次第だ。

・私のような人は注意

とは言え、第12回からあげグランプリの「唐揚げ店舗11部門」には、全国から921店舗がエントリーされ、SNS等による一般投票によって決定されたとのこと。投票総数は22万8388票となったというから、金賞も選ばれし店であることは確かなようである。

さて置き、金賞をよく見かけるのは気のせいではなかったわけだ。ひょっとしたら、「受賞の年が違うのか?」とも思っていただけにナチュラルに多いことには納得だが、私のように金賞がNo.1だと思っていた人は気をつけよう。さて、何も受賞していないやよい軒の「せせりの唐揚げ」でも食べようかな。あれ、個人的最高金賞。

参考リンク:からあげグランプリ
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

関連リンク

  • 6/21 10:30
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます