プロが作る『モンブラン』を徹底解剖!「モンブランの発想と組み立て」発売


6月7日(月)、誠文堂新光社より、プロのアプローチの仕方や考え方が学べる、“モンブラン”の魅力が詰まった一冊「モンブランの発想と組み立て」が発売された。

モンブランの魅力を徹底解剖した一冊


「モンブランの発想と組み立て」3,740円(税込)は、洋菓子店に必ずあるお菓子・モンブランの歴史から、作り方、アレンジまでを徹底解剖した、プロのための製菓技法書だ。

フランス仕込みのもの、和栗を使ったやさしい味わいのもの、ぐっとモダンにアレンジしたものなど、ひと口にモンブランといってもそのヴァリエーションはさまざま。


同書では、おいしいモンブランを販売する店が、どういうモンブランを作っているのか、ベースとなるマロンクリームや、組み立てについてレシピを紹介している。

アレンジレシピも掲載


その上で、アレンジ2〜3種類を掲載。レシピとあわせて、そのシェフや店のモンブランへのアプローチや作るときのコツ、考え方も知ることができる。

また、巻末では、モンブランについてのミニ知識も紹介している。

著者は11人の人気店シェフ・パティシエたち


著者は、「L’histoire YAMAMOTO」のオーナーシェフ・山本次夫氏や、「パティスリー ドゥ シェフ フジウ」のオーナーシェフ・藤生義治氏、「アンヴデット」のオーナーパティシエ・森大祐氏、「レ・アントルメ国立」のアトリエシェフ・阿部雅子氏、「100本のスプーンあざみ野ガーデンズ」料理長・川下流維氏を含む、計11人の人気店シェフ・パティシエたち。


「モンブランの発想と組み立て」を読み、モンブランへの理解をより深めてみては。

画像をもっと見る

  • 6/8 17:32
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます