【朗報】服選びに悩む40代へ!ステキな40代になるための「軸色の法則」とは?

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223991/ )

最近、何を着てもしっくりこない。素敵に見えない。40歳前後になると、女性の誰もが行き当たる悩みです。体形や肌の質感の変化を感じ始めるころ。少し前までは「かわいい!」と感じた服を着るだけでおしゃれに見えていたのに、近ごろ、何を着ていいのか全然わからない、何を着ても似合わないと感じる……。(以上書籍より抜粋)。

そんなアラフォー世代のお悩みを、予約のとれないファッションカラーコーディネーター谷口美佳さんが、3色の「軸色の法則」で解決!その目からウロコのメソッドをお届けします。

 

自分の「軸色」の見つけ方5つのメソッド

「軸色」とは、コーディネートやメイクに使うとその人の魅力を引き出してくれるベーシックカラーのこと。
軸色には「イエロー軸」と「ブルー軸」があり、「イエロー軸」はベージュ、キャメル、カーキの3色、「ブルー軸」はネイビー、グレー、暗めブラウンの3色。
「軸色」は、その人の目や髪の色、似合う口紅の色などから導き出します。

1/口紅の色から見つける

つけると顔が明るく肌がきれいに見える色は? コーラル、オレンジやイエローブラウン、オレンジベージュ系なら「イエロー軸」、ピンクやローズ、モーブ、グレージュ系なら「ブルー」。逆に、つけると浮く、くすんで見える色や、絶対選ばない色から判断しても。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223991/ )

 

 

2/目の色から見つける

黒目の色が黄み、または緑っぽいブラウンなら「イエロー軸」。ソフトな黒、または赤黒いブラウンなら「ブルー軸」(深いこげ茶や赤みの強い茶色は中間タイプなので、この項目はパスしてください)。

 

3/ヘアカラーから見つける

生まれつきの髪の色ではなく、ヘアカラーしたときの印象で判断します。髪の毛の色を黒にすると重たく見えるなら「イエロー軸」、明るい黄みの茶色に染めると違和感があるなら「ブルー軸」です。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223991/ )

4/2色コーディネートから見つける

「ベージュ×キャメル」と「ネイビー×グレー」のコーディネート、どちらが自分に似合うと思いますか? 「ベージュ×キャメル」なら「イエロー軸」、「ネイビー×グレー」は「ブルー軸」。似合わない、またはふだん選ばないほうから判断しても。

 

5/カラー見本から見つける

下のカラー見本をあごの下に当て、「一番似合わない色」「選ばない色」を1色探してください。ピンク系、ブルー系の色が似合わない人は「イエロー軸」、オレンジ系、グリーン系の色が似合わない人は「ブルー軸」。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223991/ ) 画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223991/ )

 

 

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223991/ )

 

 

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223991/ )

 

▷次のページでイエロー軸、ブルー軸の各「軸色」3色を発表!

 

イエロー軸の「軸色」はこの3色

自分が「イエロー軸」だとわかった人は、ベージュ、キャメル、カーキの3色を「軸色」として味方につけてください。
ベージュの中でもイエローがかった色が似合います。

 

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223991/ )

イエロー軸「軸色」を使ったコーディネートイメージはこれ!

 

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223991/ )

ブルー軸の「軸色」はこの3色

自分が「ブルー軸」だとわかった人は、ネイビー、グレー、暗めブラウンの3色が「軸色」。
着こなしのベースの色としてぜひ活用してください。ブラウンの中でも、明るすぎず、やや赤みのある色が◎。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223991/ )

 

ブルー軸「軸色」を使ったコーディネートイメージはこれ!

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223991/ )

 

明るすぎない自然光のもとで確認を!

色は、光の加減によって見え方が変わってきます。色を判断するときは、北向きの窓辺に鏡を置き、
明るすぎない自然光のもとで判断するのがおすすめです。

 

プロフィール/谷口美佳

たにぐちみか●ファッションカラーコーディネーター、 color shape®コーディネーター、文部科学省後援 色彩検定1級。色彩理論に基づき、似合う色や素材・形、メイク方法などをアドバイスするパーソナルコンサルティングが人気を呼び、テレビ番組出演、ファッションやコスメメーカーとのコラボレーション企画、雑誌・サイトの監修、企業の研修・講師などで幅広く活躍中。インスタグラム、ブログも大人気。二児の母。

 

 

関連リンク

  • 6/5 8:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます