大学の研究室にベビーベッドを設置 「自分も赤ちゃんと遊べる」心優しき教授に「上司の鑑」絶賛の声(米)

拡大画像を見る

米マサチューセッツ工科大学で教授を務めるトロイ・リトルトンさん(Troy Littleton)の研究室に所属するカレンさん(Karen)は、生後9か月の娘ケイティちゃん(Katie)の育児に追われながらも自分のキャリアを諦めず勉学に励んでいる。

トロイさんは、カレンさんを含めた自分の研究室に所属する学生たちを「やることが山積みにもかかわらず、論文のためのプロジェクトを粘り強く続ける学生たちには本当に感心しています」と評価している。

そんなトロイさんは今月8日、自身のTwitterで研究室に置いた新しい道具を紹介した。

「研究室に置くために最近買った、お気に入りの道具だ。これは可動式のベビーベッドで、うちの大学院生が生後9か月の娘をここに連れてきて、彼女が論文に取り組んでいる間は僕がその子と遊ぶことができるんだ。Win-Winだね。」

投稿には画像が添付されており、トロイさんのデスクの目の前にベビーベッドが設置されている。写真を見た限りではお世辞でも広いとは思えない部屋の広さだが、ベビーベッドを置くために場所を作ったのではないかと思うほどピッタリと隙間に設置されている。

トロイさんが投稿した「Win-Winだね」という文面からも分かるように、生後9か月という可愛い赤ちゃんと自分も遊ぶ気満々であることが分かり、トロイさんの優しい性格がうかがえる。

この投稿には今月15日の時点で11万件以上の「いいね」が寄せられ、以下のようなコメントが届いた。

「あなたのような人がもっと必要だ」
「こういった話は本当に大好き。シェアしてくれてありがとう!」
「投稿を読んだだけで笑顔になれたよ」
「私の職場でもこうした取り組みをしてほしい」
「完璧な上司の鑑だ」
「赤ちゃんにとってもサイエンスと触れ合う良い機会になるかも」

またあるユーザーは「私が大学院で論文を書いていた時も、私の子どもを連れてきていいと言ってくれた教授がいたのを思い出したよ」と明かしており、育児をしながら学業や仕事に励む学生を応援する人はトロイさんに限ったことではなく、表沙汰になっていないだけで多数いるようだ。

ちなみに今回の投稿の1週間ほど前、トロイさんはケイティちゃんを抱いている写真をTwitterに公開しており、こちらの投稿にも「こうした取り組みは、お互いにとっても大切で忘れられない出来事になるよね」など称賛の声があがっている。

画像は『Troy Littleton 2021年5月8日付Twitter「My favorite new equipment purchase for the lab」、2021年4月30日付Twitter「Finally got to play with my graduate student Karen's little daughter Katie. What a delight!」』『Yahoo News Malaysia 2021年5月12日付「MIT professor receives online praise for mobile crib in office for student’s baby」(Picture via Twitter/TroyLittleton)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 5/15 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • あきひろ

    5/18 6:47

    学生が男だったら同様の対応をしたのかな?

記事の無断転載を禁じます