関ジャニ・大倉忠義、再びの害悪ファンへの苦言に同情の声

拡大画像を見る

 関ジャニ∞のメンバー・大倉忠義が5月10日、ジャニーズ事務所のファンクラブ向けブログで、ファンマナーに苦言を呈し、同情の声が上がっている。

「東スポWeb」によれば、大倉は「最近疑問なのよ。稽古場にわざわざ出向いてくださっているルールの守れないお嬢様方に適応する法律はないのかしら」「ストレス増幅罪 親の顔が見てみたい罪 人の忠告聞かない罪」などと投稿。どうやら来月7日に開演する出演舞台「夜への長い旅路」の舞台稽古現場に現れ、ルール違反をするファンにストレスを抱えているようで、大倉は「どんだけ訴えても無くならないし いなくならないし」「スタッフが言おうが警察が言おうが来るのよよよ」(原文ママ)とも訴えており、いかにそのファンが害悪かがわかる。

「大倉は18年11月にも一部ファンへの苦言を呈しており、飲食店で友人とプライベートで食事を楽しんでいると、駅などでいつも見かける特定のファンが横のテーブルにいたことや、カバンの中に物を入れられるなどの行為があったことを告白していました。また、今年3月にはメンバーの横山裕の男性マネージャーに付きまとったとして関ジャニファンでもある20代の女性会社員が逮捕されています。今回のブログで大倉は『皆んなどう思う?アイドルが平穏に暮らせる世界ってあってもいいと思わないかい?』と訴えていましたが、アイドルどころか、マネージャーまでが狙われてしまう事態にまで発展していますから、異常事態と言えるでしょう」(芸能ライター)

 もちろん、こういった悪質なファンはごく一部とあって、大方の関ジャニファンからも「さすがに大倉くんがかわいそう」「ルールを守って応援している私たちまで悪く見られるのは勘弁してほしい」「こういう迷惑なファンは大倉くんが関ジャニ辞めたら責任取れるのかな」など、大倉に同情する声が上がっている。

「大倉は前述のブログで『普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ』といったワードも並んでいたため、ファンも大倉が芸能界を引退するのではないかとザワつかせていました。そういった経緯もあり、昨年3月に錦戸亮がジャニーズから退所したタイミングで大倉も退所間近という噂も出ていましたが、大倉はスポーツ紙の取材で関ジャニを辞めるつもりがないとキッパリと宣言。昨年11月に発売したシングル曲『友よ』の特典DVDに収録されたメンバー5人のバーベキューでの会話でも、今後の活動の意気込みを語っており、そこでも退所する気配は感じられず、ファンを安堵させています。ただ、ここまでしつこくされてしまえば、大倉の決意も揺らいでしまいかねません」(前出・芸能ライター)

 現在はコロナ禍ということ事情もあるだけに、どうかおとなしくしてもらいたいものだ。

(権田力也)

関連リンク

  • 5/14 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ***

    5/17 13:11

    ルールって違反のジャニオタ、キモオタクソアマ共か。ハッキリ言えば良いのにな。まぁしかし言えんわな。代弁したるわ。「お前らはファンでも何でもないから二度と来んな、気色悪いキモオタ共、関わるな!」\(^-^)/

記事の無断転載を禁じます