貧困でご飯を食べられない人に無料食堂をしていたら… 悪意ある注文に怒りの声

拡大画像を見る

奈良県奈良市に店を構える、とんかつ店まるかつ(@marukatsunara)。

2018年5月から、無料食堂を行っています。

お腹が空いてもお金がなくてごはんを食べられなかったり、子供においしいごはんを食べさせられなかったりした場合は、店長のおごりで無料で食べられる取り組みです。

しかし、2021年4月頃から利用者に変化が出てきたといいます。

これまで、無条件で食事を無料提供していたものの、元気でお金もありそうな印象の人を中心に、弁当を8個や10個も注文する人が増えてきたのだとか。

家庭によって事情は異なるため、店側としては見た目で判断せず、できるだけ続けたい意向を示しています。

ですが、「無料でお弁当を食べられる」といった誤った情報が独り歩きしてしまい、本来の目的とは異なる状況が生まれるのは本意ではありません。

このままでは、継続が難しいかもしれないと不安をにじませる店。

「無料で食べられてお得だ!」「ここなら無銭飲食できる」といった悪意のある人たちのせいで、このままでは本当に困っている人たちに弁当が届かなくなってしまいます。

また、店が善意でやっていることを利用し、店自体が続けられなくなってしまえば、本当に支援を必要としている人たちは余計苦しくなるでしょう。

投稿を読んだ人たちからは、一部の利用者に怒りの声が寄せられました。

・酷すぎる。何かルールを作らないとダメなのかな。

・10個って…。1個でもありがたいぐらいなのに、厚かましすぎる!

・人の善意につけ込むなんて許せない。店長さんが報われてほしい。

きっと、無料食堂があるおかげで救われている子供や大人、そして家族もいることでしょう。

掲示されているポスターをよく読んで、本当に必要としている人の元に、1つでも多くの弁当が届くことを願います。

[文・構成/grape編集部]

出典 @marukatsunara

関連リンク

  • 5/12 18:52
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

26
  • 陸耳!?

    5/16 0:07

    折角、良い行いをしてくれている人がいても、一握りの不心得者の愚行で間口を狭めるか閉じなければならなくなってしまう。日本人なら恥を知れ!確かに不景だしコロナ禍で誰しもが生活苦だろうが、もっと苦しい人が世の中には居て、明日を生きれるか否かの人が居るのだ。いい大人が、セーフティネットに寝転んではいけない!

  • せめて一人一個にしましょうよ。 それと店内飲食のみにしましょう。 あと子供のみとかでもいいし。 一人で10個弁当とかありえないですよ。 まず子供を助けてあげてほしい。

  • 噂を聞いて良からぬ図々し奴らが来ているのでしょう。 日本人ならば家族4人、5人が通常。 大人2人に子供2~3人、なので数に制限を付けて暫くやってみたら良いのかも? 身分証明書提示とか? 保険証とかでも良いかも?

記事の無断転載を禁じます