日テレはキンプリ『24時間』抜擢+冠番組、TBS・Snow Manと「代理戦争」!

拡大画像を見る

 5月8日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)でKing & Princeが、嵐の櫻井翔(39)から『24時間テレビ44』のメインパーソナリティー就任を伝えられた。

 番組後半、番組スタッフは櫻井に対し、King & Princeが今年の『24時間テレビ』のメインパーソナリティーに就任したことを報告。そして、そのことをまだ知らないメンバーに、サプライズで報告する役目を任せられた櫻井は「楽しみだな~! どんなリアクションするんだろう」と語り、満面の笑みを浮かべた。

 その後、櫻井は『SHOWチャンネル』のロケというニセの名目でキンプリメンバーを呼び出すと、「『24時間テレビ』のメインパーソナリティーをやります」とサプライズで報告。その知らせを聞いたメンバーたちは、にわかには信じられなかったようで、「え~!」「マジっすか!?」などといった驚きの声を上げていた。

 さらに、櫻井は初の冠番組『King & Princeる。』がHuluで始まることも報告。次々に伝えられる吉報に、King&Princeのメンバーたちは目を丸くしていたが、その喜びようも納得できるところではある。King & Princeは2018年にCDデビュー。正統派アイドルといえる端正なルックスと親しみやすいキャラで人気を誇っていたが、ここのところは20年にデビューしたSnow Manに圧倒されていたからだ。

■キンプリが日本テレビの顔に?

 デビューから2作連続でミリオンヒットと、見事なスタートダッシュを決めたSnow Manは、その後も順調。苦労人だけあってバラエティ番組への対応力が高く、多くのメンバーが各番組で活躍しており、冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』もParaviでの配信からTBS系の地上波レギュラーに移るなど、ジャニーズの中でも一歩、抜き出た活躍ぶりだ。

 そんなSnow Manに後塵を拝してきたKing & Princeだったが、今回の『24時間テレビ』パーソナリティー就任と冠番組で、一気に追いつくことができそうだ。

 というのも、岸優太(25)は現在、『ザ!鉄腕!DASH!!』(同局系)に出演しているが、城島茂(50)や国分太一(46)から熱心な指導を受ける場面が多く、明らかに後継者として育てている雰囲気がある。この日本テレビの看板ともいえる番組への食い込み方、さらに『24時間テレビ』と日本テレビが出資しているHuluでの冠番組を加えると、日本テレビがキンプリをバックアップしようという意図が見えてくる。

 一方、Snow Manは『それスノ』だけでなく、向井康二(26)と目黒蓮(24)が『アイ・アム・冒険少年』のレギュラーであるほか、人気番組『ニンゲン観察バラエティモニタリング』にたびたび出演するなど、TBSとの、結びつきが強い。

 今回のパーソナリティ抜擢で、King & Prince・日本テレビとSnow Man・TBSのライバル関係がはっきり見えてきたといえるだろう。この2グループ、2局の競争が、今後、どうなるのか、注目していきたい。

関連リンク

  • 5/12 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます