鈴木福、コロナ自粛中にハマった楽器が渋すぎる!実は音楽一家の出身だった

拡大画像を見る

 俳優の鈴木福が5月5日、「ゴゴスマ~GO GO! Smile!~」(TBS系)にリモート出演。意外な楽器を習っていることを明かした。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための自粛期間が続く中、鈴木は最近自宅でハマっていることを紹介し、「ギターにハマってたりとか、あとは尺八のオンラインレッスンを」と明かした。スタジオでは、意外な楽器名が出てきたことにより、タレントの松本明子、お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアも一瞬絶句。さらに鈴木は「祖父が尺八の演奏家で、習ってます」と説明すると、腕前については「だんだん。でもまだまだです」と謙遜していた。

「鈴木は昨年3月に公開された小学館のYouTubeチャンネル『ピカいちCHANNEL』で2019年の冬頃から尺八を習い始めたこと明かしています。習い始めた理由は祖父に『(演奏会に)出る?』と聞かれたから。鈴木家は兄弟姉妹全員が箏(こと)を習っているそうで、父親は和楽器を作る仕事、母親は琴の奏者と和楽器家族なんだとか」(芸能記者)

 ネットでも《渋いけど、なんか福くんらしい真面目な感じの習い事でほっとした。いつか尺八の腕前披露できるといいね》《近いうち、鈴木きょうだいで和楽器バンド結成されそう》《福くん尺八マスターしたら親子3代演奏会とかできるね》など演奏を期待する声が多数集まっている。

 近い将来、鈴木が和楽器バンドでデビューする日が来るかも?

(柏原廉)

関連リンク

  • 5/11 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます