“東山紀之の元カノ”内山理名、吉田栄作と13歳差の結婚報道!元嫁・平子理沙とは“仮面夫婦説”の過去も

拡大画像を見る

 俳優の吉田栄作(52)と女優の内山理名(39)の結婚が決まったと、13日配信の「週刊女性PRIME」が報じている。吉田と内山は2018年6月に交際が発覚。吉田は97年にモデルの平子理沙(50)と結婚したが、2015年12月に離婚しており、内田とは再婚になる。

「記事によれば、2人は昨年から入籍することを視野に入れていたといい、吉田の父親にも取材。父親いわく、吉田はお盆に内田を実家に連れてきたそうで、結婚の話も前々から聞いていたとか。今年4月に吉田の母親が亡くなったこともあって、喪が明けた来年に結婚するのではと話しています」(女性誌ライター)

 吉田と内山の結婚について、ネットでは祝福の声があがっている一方で「前の奥さんとの結婚は違和感しか感じなかったけど、本当ならば今回は幸せになってほしい」「落ち着いたご夫婦になりそうな印象。前の奥様には振り回されてる感もあったので」「若いころはお互いに刺激を求めあうような相手と結婚したけど、年を取るとやはり落ち着いた生活ができる相手と結婚したいんだろうな」「平子さんよりお似合いかも!おめでとうございます!」と吉田の前妻・平子にまつわるコメントも散見される。

「平子はまだ吉田と結婚していた2009年にカメラマン男性との公園キス現場がキャッチされ、さらに2012年には俳優の村井克行(51)との不倫疑惑が浮上。また、離婚前にも村井と温泉旅行を楽しんでいたと報じられていました。

 しかし、吉田も2015年にモデルの加賀美セイラ(34)とのデートがスクープ。2人とも不倫疑惑があったわけですが、結婚生活のほとんどが別居状態だったともいわれており、長年“仮面夫婦”だったとの話もあります。こうした経緯もあって、吉田は内山との結婚になかなか踏み切れなかったのかもしれません」(前出の女性誌ライター)

一方、内山は2005年1月から2年半ほど少年隊の東山紀之(54)と交際。東山が所属するジャニーズ事務所も2人の交際について「報告を受けている」とコメントするなど、事務所公認で順調に交際を続け、結婚説も出ていたが、結果的に破局した。

「東山といえば、女優の木村佳乃(45)との結婚後はすっかり落ち着いた印象があるものの、かつては南野陽子(54)、牧瀬里穂(49)、深田恭子(38)など各年代の人気女優と交際してきたモテ男。また、吉田もトレンディ俳優として活躍していた若かりし頃はもちろん、現在も渋みが増したとしてモテるようですが、東山と交際していた内山ならその辺は折り込み済みでしょう。もし結婚後に吉田が多少の火遊びをしたとしても、妻としてどっしり構えていてくれそうですね!」(前出の女性誌ライター)

関連リンク

  • 9/13 16:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ミトリン

    9/14 9:22

    内山理名最近どうしてるのかなぁって思っていたら。そっかプライベートが充実してたのね良かった。幸せになって欲しい。

記事の無断転載を禁じます