駅で見かけた投票方法が? 「斜め上すぎる」「一石二鳥」

拡大画像を見る

ぼにゅそむ(@yokoshimanaruko)さんはある日、東京都昭島(あきしま)市にある昭島駅で投票所を発見。

投票方法を見て、思わず「斜め上すぎる」と感心したといいます。その方法を、ご覧ください。

宮城県と山形県のどちらへ旅行に行きたいか、投票するにはアルコール消毒液をプッシュ…コロナ禍ならではの方法ですね!

ペンと紙を使わず、消毒するだけなので感染対策にもなります。駅員が考えたやり方なのでしょう。

ぼにゅそむさんによると、消毒液の残量が少ないほうが、投票数が多いということ。

後日、ぼにゅそむさんが結果を見ると、宮城県が1036ml、山形県は698ml使われていたといい、宮城県に軍配が上がりました。

残量から判断するに、1238回程度の投票があったとのこと。

早くも第2弾が予定されており、青森県か、岩手県と秋田県のどちらかを選ぶ投票になるといいます。

ぼにゅそむさんが発見した投票方法に、多くの人が反応しました。

・誰も傷付けない、優しい世界ですね。

・手の消毒とアンケート、両方できて一石二鳥だと思いました。

・とても興味深い投票システム!食堂でも使えそうですね。

なお、この投票をうながすポスターには、「コロナ終息後」と注意書きがあります。

感染拡大が落ち着いた頃に、旅行に行けるようになるといいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @yokoshimanaruko

関連リンク

  • 8/25 12:25
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます