夫と両親教室へ… お産についての考えは十人十色【出産の記録〜低酸素性虚血性脳症の娘と私 Vol.28】

■前回のあらすじ
お腹の張りが落ち着き、退院できることになりました。不安はつきないものの、もう何も起こらないはず、と自分に言い聞かせていました。


■妊娠後期のマイナートラブルの数々


この時点で12キロ増えていました…。
動くのもだるく、むくみはひどく…。
臨月になったら一体どうなってしまうんだ…と恐れおののいていました。
ちなみに、尿漏れはあまりありませんでした。

■両親教室へ


というのも、体験談や何かの漫画で、「尿道の方まで切ってしまった」「肛門の方まで切ってしまった」といったトラブルを読んだことがあり、とにかく怖かったのです…。

■お産についての考えは様々で…



この個人病院は、妊婦さんにしっかり寄り添ってくれるので、助産師さんの人数も多く、みんなニコニコしていて、メンタルケアや産後クラスなども充実していました。

※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/20 12:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます