【地方競馬】宮崎光行騎手が現役騎手2人目の地方競馬通算2200勝を達成!

拡大画像を見る

 13日、門別競馬第12Rに行われた第18回星雲賞(ダ1600m・8頭)は道中、後方2番手につけた宮崎光行騎手騎乗の4番人気クラキングス(牡7、北海道・村上正和厩舎)がゴール前で一気に他馬を交わし、最後は2着の1番人気クインズプルート(牡8、北海道・安田武広厩舎)にクビ差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分41秒0(稍重)。

 この勝利でクラキングス鞍上の宮崎光行騎手は、現役騎手としては2人目となる地方競馬通算2200勝をマーク。14646戦目での達成となった。1984年10月に札幌競馬場で初勝利をマークして以降、着実に勝ち星を積み重ね、これまでに2013年の川崎・全日本2歳優駿をハッピースプリントで制したほか、15年浦和記念(ハッピースプリント)、16年サンライズC(ヒガシウィルウイン)など、交流重賞も含め、重賞は通算74勝を挙げている。

(ホッカイドウ競馬のリリースより)

関連リンク

  • 7/14 14:15
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます