手術はうまくいったはずなのになぜ? 苦しそうな妻の姿にオロオロ【鼻腔ガンになった話 Vol.53】

■前回のあらすじ
先生が来てくれて、ピンチから脱することができた私。その様子を見ていた夫の話では、私が思うよりもっと大変な状態だったようでした。

■起きたと思ったらナースコールを連打する妻に…

前回に続き、夫の視点でお届けします。







手術は無事に終わったと聞いて、安心していたお義父さんと夫君。

まさかのナースコール連打にオロオロするしかなかったそうです。

私としては、夫に言ってもどうしようもないし、術後の処置をするのは医師じゃないと無理だろうと思ったんで、完全無視でした。

苦しくて話す余裕がなかったのです。


■言うことを全然聞いてくれない妻





「無事に手術が終わったと聞いたのに、大暴れするのはなぜ?」と心配していたそうです。

私としては午後の手術だったので、先生が自宅に帰ってしまったら私このまま一晩、苦しいの我慢しないといけないんじゃないかと思って、めちゃくちゃ焦っておりました。

おそらく、私が目覚めてナースコールを連打していた時、先生は着替えたりしていたようです。

苦しかったので覚えていませんが、周りの人たちも「麻酔が効いているはずなのになぜ?」という反応をしていたようでした。


※この記事に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/9 14:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます