港区民のサクッと一杯に最適!麻布十番の路地裏にある白いちょうちんが目印だ

仕事や遊びの帰り道、ふらっと気軽に立ち寄れる。そんな“使い勝手のいいお店”は、最高だ。

そのニーズを満たすとっておきの店が、麻布十番の路地裏に存在する。

今回はテラスも備える立ち飲み酒場『十番右京ナチュールスタンド』をご紹介しよう。



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

白い提灯が目印のテラスはカウンターとテーブルがあり、いずれもスタンディング。通っているうちに自然とお気に入り席ができるという


麻布十番の路地にあるこちらのテラスは、もはや説明不要なほど港区の人々のご用達となっている。

自然と人が集まる理由は、待ち合わせやサク飲みでの使い勝手の良さ。常時14:00からオープンしているので“いつ行っても開いている感”が、港区民の信頼を得ている。

コの字状のウッドデッキテラスでは、通りすがりの知人と談笑する光景も日常茶飯事なのだ。

料理はペヤングのアレンジメニューや右京らしいトリュフがけなど、アイデア満載のメニューばかり!ビールは2種あり、まろやかに香る「白穂乃果」が人気。つい足が向いてしまう、そんな一軒だ。

名物・トリュフのポテサラも!店主に聞いたビールに合う絶品おつまみ


「名物!卵たっぷりトリュフポテトサラダ(S)」968円。

名物のトリュフが香るポテサラ。なめらか食感の濃厚ポテトサラダにいぶりがっこの食感が重なる。


「本日の鮮魚のカルパッチョ(S)」704円。

白身魚にピンクペッパーの香ばしさとオリーブオイルの香りが爽快。


「チキン南蛮(S2個)」429円。

南蛮揚げにいぶりがっこで食感と薫香を足したタルタルソースがビールを促す。


「カチョエぺぺペヤング」1,078円。

柔らかめの麺にチーズがよく絡み、ペヤングとは思えぬ完成度。追いペッパーで一層スパイシーに。


合わせるビールは「白穂乃果」1,078円。

白をベースに鏡が印象的!長居必至の店内


店内もオールスタンディング。細長いスペースにセンターテーブルがあり、両側に立つことができる。隣でも向かいでも好きな位置で、料理とお酒を楽しめるのだ。



立ち飲み酒場ではあるが、名物のトリュフが香るポテサラをはじめ豪華なメニューが魅力。

フランクながらも気品が漂う『十番右京ナチュールスタンド』は、港区らしい立ち飲みスタイルを楽しめるだろう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/7 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます