中村ゆり、北山宏光と“ただ離婚してないだけの夫婦”に挑戦「役者としてこの役に出会えたことはとても幸せ」

拡大画像を見る

テレビ東京「ドラマホリック!」枠で7月7日からスタートする『ただ離婚してないだけ』(毎週水曜24:00~)。本作で、Kis-My-Ft2の北山宏光さん扮するフリーライター・柿野正隆の妻・雪映を演じる中村ゆりさん。

本田優貴さんによる人気コミック「ただ離婚してないだけ」(白泉社)が原作で、結婚生活7年目を迎えた“ただ離婚してないだけ”の冷え切った関係の夫婦が、夫の不倫がきっかけで、最悪の事態を招いてしまうさまがスリリングに描かれていく本作。これまで数々の映画やドラマでキラリと輝く演技を見せている中村さんが「務め上げられるのか不安だった」と語るほど「壮絶な役」だという雪映。どんな思いで作品に臨んでいるのか――率直な胸の内をお聞きしました。

――かなり衝撃的な原作でしたが、読まれてどんな印象を持ちましたか?

タイトルからは想像つかないような、なかなかハードな物語で、これをドラマ化するとは「さすがテレ東さん」って思いました(笑)。不倫サスペンスと銘打たれていますが、予想外の展開が面白くてワクワクしました。

――原作マンガとドラマの脚本はところどころ設定が違いますね。

マンガよりも、ドラマは長い物語になるので、より深く夫婦の過去が描かれています。旦那さんの家庭環境にもフォーカスが当たる事で、人生の背景を描く事によって、主人公の屈折にも寄り添う内容になりました。

――Kis-My-Ft2の北山宏光さんとは初共演ということですが、ご一緒していかがでしたか?

北山さんは精神的にとても誠実で大人な方で、親しみやすく、相手を緊張させない優しさをお持ちなので、とても頼もしかったです。本当に大変なシーンだらけなのですが、ご本人のお芝居に対する熱意や真剣さもすごく伝わってきますし、信頼して現場にいられる方です。

――なにか印象に残っているエピソードはありましたか?

緊張感のあるシーンばかりで、ちょっとナーバスになっているときは、自然と雰囲気を察してくださるんです。でもリラックスしたいなというときは、楽しい話をしてくれるので、本当に場の空気をしっかり読んでくださる方だなと思いました。

――雪映は、かなりハードな役柄かなと思うのですが、台本を読んでどんな印象を持ちましたか?

一見すると弱々しく、旦那さんの酷い言動に耐え忍ぶような女性に感じられますが、なぜ旦那さんがそうなってしまったのかを誰よりも理解しているので、ただ弱いという事ではなく、逆に強い信念のもと行動している女性だと思いました。そういった芯の強さみたいなものを、しっかりと役に投影できたらと思って演じています。

――北山さん演じる正隆は、生い立ちに葛藤を抱えていたり、不倫をしていたり……こちらも難しそうな役という印象ですが、現場でごらんになっていかがですか?

北山さんは監督と細かい役の心情を確認し合いながら、丁寧に向き合っていらっしゃいます。暴言や酷いことをしてしまう、そこに至るまでの過程を大切にしているのではないかと思います。監督が私たちの話をよく聞いてくださるので、いくつかの表現で迷っているときは「両方撮ってみようか」となるんです。とにかく一緒に考えていただき、丁寧にお芝居を撮ってくださるので助かっています。

――雪映は、夫に無視され続け、しかも不倫をされるというなかなか辛い役ですが、感情移入できる部分はありますか?

私のこれまでの人生にはないシチュエーションですが、人生とは、生まれた環境や状況によって、選択肢も大きく変わりますよね。私自身、一つなにかが変わっていれば、まったく違う人生になっていたかも……と考えることがあります。ですので、雪映が抱えているものは大きいけれど、決して遠い事では無い気がしています。

――それでも難しい役ですよね。

お話をいただいたときは、大変な役なので、私に務め上げられるのかと不安がありました。ただ、ここまで激しいものを抱える役に巡り合えるというのは、女優として幸運だなと思っています。雑念を捨ててこの役に向き合いたいと思いました。

――物語後半は、ガラリと変わった雪映が見られたりもしますか?

どうでしょう!? かなりバイオレンスになってしまうので、そこは思い切りやろうと思っています。辛いシーンばかりでしんどいと思いますが、雪映役をいただけたという喜びもすごく大きいです。

――監督には安里麻里さん(映画『アンダー・ユア・ベッド』『バイロケーション』など)も名を連ねていますが、かなり攻めた描写になっているのでしょうか?

安里監督と話をしていて、私との共通認識を感じたのは、上手く生きられない人を描きたい。監督も私も世の中にはそんな方が溢れているんだと感じています。そんな安里監督の琴線に触れた原作だったと思いますので、監督が作る今回のドラマは、心理描写もより深く魅力的な作品になっていると思います。私の役も、物語中盤からものすごく激変する。「その差を撮るのが楽しみ」と安里監督は仰ってくれていますので、その期待に応えたいです。

――「さすがテレ東」ですか(笑)?

あるシーンを見ていたマネージャーさんが「これテレビで放送できるのかな」とつぶやいていたんです。それぐらい攻めていると思います(笑)。スタッフさんたちも「日本のテレビドラマをいいものにするんだ」という気概を持ってやっているので、楽しみですが、緊張もします。

――これまでたくさんの作品に出演されていますが、毎回緊張はしますか?

どの作品でも緊張します。いつも現場に入ると「なんでいつまで経っても余裕がないんだろう」と思います。年々臆病になっていくような気がしています。

――年々臆病に……それは意外な印象です。

経験が増えてくると、求められるものも大きくなっていくように感じているのかもしれません。本当はフラットにいれば良いのかもしれないけれど、作品に入る前から「このぐらいの結果を出さなければ」と、頭で考えてしまうのかもしれません。役者さんは、みんなそういう重みみたいなものを感じながらやっていますよね。ただ、作品を良くするためには、それを無くしてもいけない気もします。

――経験の分だけ余裕も増える……というわけではないのですね。

一生無理なのかもしれませんね(笑)。以前、舞台で白石加代子さんとご一緒させていただいたんです。私は白石さんの孫役だったので、側にいることが多かったのですが、きちんと緊張して、プレッシャーを背負われていることも伝わってきました。あれだけの経験を積まれた方でも、しっかりと緊張されるのって、すごく素敵だなと思ったんです。私もいい意味で、一生緊張しながらやっていくのかなと思っています。

――その意味では、本作の雪映という役に出会えたことも、より気持ちが引き締まるという意味では大きいですね。

いろいろな方から「大変な役だね」と声を掛けていただけるのですが、これだけのものを抱えた役柄には、なかなか出会えないと思うので、役者としてはとても幸せなだと思っています。最後までしっかりと頑張りたいです。

(取材・文:磯部正和)

関連リンク

  • 7/6 8:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます