中川大志『ボクの殺意が恋をした』過去イチ“陽”のハマり役で「国民的俳優」に!

拡大画像を見る

 7月4日より放送がスタートする、新日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)。よし来た、“陽”の中川大志(23)!

 最高に“間が悪い”殺し屋で、標的を殺すどころか恋してしまう、男虎柊役である。このキャラクター設定からワクワクする。思いきりカッコつけながら困惑する中川の明るい演技が、コロナの鬱鬱を吹き飛ばしてくれるはず! しかも、脚本が『ルパンの娘』(フジテレビ系)、映画『翔んで埼玉』『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の徳永友一氏。もう見ないという選択肢はない、そのぐらい前のめりで楽しみにしているドラマである。

 中川は子役出身だが、良い経験、楽しい思い出をスポンジのように吸収し、スクスクと育った感が本当にいい。今の中川大志を見ていると、楽しそうに演じている人が、結局は最強なのだとつくづく思う。

 もちろん陰のある役もうまいが、今の彼から溢れ出る、太陽のような明るさを活かした役がもっと見たいな、とずっと待ちかねていた。2021年1月2日に放送された『ライジング若冲 天才 かく覚醒せり』(NHK総合)の円山応挙役はまさにそれで、中川の笑顔と躍動感がドラマ全体にみずみずしさを与えていて、本当にまぶしかった。

 すでに多く主演を張っているイメージがあるが、この『ボクの殺意が恋をした』が地上波GP帯ドラマ初主演という中川大志。思いきりドタバタしてほしいし、美しすぎるヒロイン・新木優子(27)にブンブン振り回されてほしい。イヤミのない彼の魅力は、必ず子どもからお年寄りまで愛されるはず。

■田中みな実もハマリ役!

 脇を固めるキャストも完璧。予告編で華麗なるウィンクを披露していた殺し屋界のエース、“デス・プリンス”役の鈴木伸之(28)は、特に期待大だ。鈴木は田中圭(36)と似た包容力を持っていて、ドラマをどこからでも盛り上げられる俳優である。

 さらに『ナースのお仕事』(フジテレビ系)『ギャルサー』(日本テレビ系)『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)などで、「ヘンな主人公やヒロインを受け止める演技は達人級」のイメージがある藤木直人(48)、最近すっかり怪優ゾーンに仲間入りした水野美紀(47)が、どう絡んでくるのかも楽しみである。

 そして最後に「絶賛婚活中であり、仕事中でもやたらとマッチングアプリを気にして男漁りをしている。とにかくイケメンに目がない。しかし、アシスタントとしては極めて優秀」というおいしいキャラを演じる田中みな実(34)。『ルパンの娘』とはまた違った、キュートで「本音が分からない」ミステリアスな魅力にどっぷり浸りたい。(田中稲)

関連リンク

  • 7/3 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます