相葉雅紀をはじめ「VS魂」メンバーとホットな関係の人気芸人たち

拡大画像を見る

 グループ活動を休止中も大忙しの嵐・相葉雅紀。今春から、冠番組の「相葉マナブ」(テレビ朝日系)が30分から60分枠に拡大。「VS嵐」(フジテレビ系)は「VS魂」にリニューアルされ、ジャニーズJr.時代から苦楽を共にした風間俊介を筆頭に、Sexy Zoneの佐藤勝利、ジャニーズWESTの藤井流星、King & Princeの岸優太、美 少年の浮所飛貴といった援軍を獲得した。

 番組はスタート時から今なおコロナ禍にあるため、魂メンバーは食事会を開けておらず、グループLINEで交流するにとどまっているそう。年齢層は現役大学生の浮所からパパの風間と幅広く、バラエティ番組で引っ張りダコの人気芸人と仲がいいメンバーが多いのが特徴だ。

「活動自粛中のアンジャッシュの渡部建に替わって、『相葉マナブ』のレギュラーメンバーとなったバイきんぐの小峠英二は、相葉とはバイク好きという共通点があるため、“マナブファミリー”の先輩であるハライチの澤部佑から紹介されて、急速に親しくなったそうです。今年は、週に3度のペースで飲みに行ったとか」(週刊誌記者)

 2人は、昨年末に番組で訪れた千葉県大多喜町の道を気に入り、今年に入ってプライベートで2人でツーリングした。車、酒、甘味が好きなところまで同じ。親しくなって当然かもしれない。

 四千頭身も魂メンバーと縁がある。ツッコミの後藤拓実は、佐藤と2人で西麻布で食事をしたことが大きな自慢だ。

「後藤はもともとセクゾの大ファン。中学1年生の時には、部屋にポスターを貼っていたほどのガチです。それを知った佐藤のほうから番組で共演した時に声をかけてもらって、連絡先を交換。今年の誕生日には、佐藤からバースデーメッセージをもらっています」(前出・週刊誌記者)

 四千頭身は、ほかにも石橋遼大が、浮所とゲーム仲間。友人とオンラインゲームをやっていた時、その友人が「3人でやろうよ」と招待したのが浮所だった。知り合ったのは、昨年のコロナ自粛期間。1年以上の仲ではあるが、会って話したのは2、3回ほどだ。

 さらに魂メンバーでは、風間がスピードワゴンの小沢一敬と親しい。放送作家が共通の知人。互いが知らないところで、しょっちゅうワードが出てくるという。

 相葉を中心とした魂ファミリー。いつか芸人を巻き込んで、豪勢な懇親会を開く日が来るかも?

(北村ともこ)

関連リンク

  • 6/21 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます