木村拓哉、ネット記事に“エゴサーチ”で即反応「そう言われても仕方ない」

拡大画像を見る

 俳優の木村拓哉(48)が18日、インスタグラムを更新。自身にまつわるネットニュースに反応した。

 この日、木村は愛犬と寝そべる写真を投稿し、「犬アカ?! そう言われても仕方ないですね…。こんな瞬間があると、どうしても多くなってしまいます」とコメント。木村といえば、このところインスタグラムで愛犬に関するショットを度々投稿していることから、17日に「SmartFLASH」が“木村拓哉のインスタが「犬アカ」化と話題…忙しくても散歩姿は連投”と題した記事を配信していたばかり。自身にまつわるネットニュースを目にしたことから、インスタグラムを通して反応したようだ。

 記事配信の翌日という、スピーディなタイミングでネットニュースに反応した木村だが、以前にも特定の記事内容に触れていたと思われる投稿があった。

「木村は、昨年10月15日のインスタグラム投稿で、今年1月3日から4日にかけて放送されたスペシャルドラマ『教場2』(フジテレビ系)の撮影現場でメイクをしている写真を投稿し、“おはようございます!変身中です!2時間とか言われてますが、風間に変身するのに毎回45分程ですよぉ~!”と、突然ドラマ撮影時のメイク時間について説明。これは10月4日に『日刊ゲンダイDIGITAL』が配信した『教場2』に関する記事に“キムタクは初老の教官役・風間公親を演じているのだが、髪の毛を白髪にし、顔に微妙なシワを入れる特殊メークには2時間近くかかるという”と記載されていたためだったと思われます」(女性誌ライター)

 さらに、過去には木村自ら“ネットの声”について言及したこともある。

「木村は2019年1月2日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)のドッキリ企画に出演し、主演映画『マスカレード・ホテル』で共演した勝地涼(34)に“俳優を辞めたい”と相談された際、自分も俳優として活動することにツラさを感じることがあるとしつつ“だって、やる事なす事いろいろ叩かれるからね”、“自分だって言われてるもん。「何やったってキムタクだ」って”と、一部のネットユーザーに叩かれていることを把握しているような発言をしていたのです。

 今回、“犬アカ”に関するネットニュースに反応したのは、定期的にエゴサーチをしていたためという可能性もあるでしょう」(前出の女性誌ライター)

 国民的俳優の木村が、ネットの反応をチェックしているかと思うと親しみすら感じてしまうが、実際のところはどうなのだろうか!?

関連リンク

  • 6/18 21:37
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 「見ちゃうよね?」って言ってたじゃない。27時間テレビでワイドナショーに五人で出た時に。書いてあったら見ちゃうよね?キムタクなになにとかって書いてあったら。

記事の無断転載を禁じます