【婚約指輪】は買う?買わない?それぞれの主張をチェック!

拡大画像を見る


婚約指輪は、一生の中であまりつける機会がないと言われています。
しかしながら、婚約という大きなイベントにまつわる記念品として大切にする女性も多いと言われています。では、婚約指輪を買うべきなのか買わないべきなのか、それぞれの主張を見ていきましょう。


買う派の主張

婚約指輪は友達の結婚式などで結婚指輪と重ねづけすることができますし、ちょっとしたお出かけや記念日の外食にもつけることができます。
もちろん、記念品としても重要な役割を持つため、金銭的に余裕があるのであれば買いたいという人は多いでしょう。
新居の家具や新婚旅行への予算とは別として、婚約指輪は特別な意味を持っていると考える人も少なくはありません。


買わない派の主張

婚約指輪を買わない派の人は、婚約指輪を買うための数十万で新婚旅行のホテルをランクアップさせたり、良い家具を買うために使いたいと考える現実派の人もいるようです。
また、お出かけや友達の結婚式で使えるとはいえ、使う機会の限られるものに数十万円支払うのは精神的・金銭的に受け入れられないと考える人も少なくはありません。


指輪以外の婚約記念品もあり

婚約の記念品というと指輪が一般的ではあるものの、もちろん指輪以外を購入するのがダメなわけではありません。
指輪ができない職種の人は時計などを買う人もいますし、金属アレルギーで指輪を買えないという人もいます。
指輪を含めて装飾品に興味がないという人は、あえて婚約指輪くらいの予算で違うものを用意する人もいます。
「指輪は要らないけど、何か記念になるようなものがほしい」という人たちは、指輪にこだわらずに自分たちらしいものを探してみるのも良いのではないでしょうか。手作りのものなどは思い出も記念になるため、制作風景を写真に撮るのもおすすめですよ。


せっかくの記念だから後悔しない選択肢を選ぼう!

婚約というと入籍よりも軽視されてしまいがちですが、一生に一度の記念という意味ではほぼ同じ意味を持ちます。
金銭的な理由でどうしても買えない場合を除いて、最初から「要らない」と決めつけず柔軟に考えてみるのも良いのではないでしょうか。
(土井春香/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/16 20:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます