告白されたけど好きじゃない......【上手な断り方】って?

拡大画像を見る

ふとした瞬間に、全く好きでも無い男性から突然告白されたことのある女性もいらっしゃるかもしれません。
いくら仲の良い男友達だったとしても、好きでも無い男性だった場合はどうやって断ればいいのかな?と悩みますよね。
女性からしてみればできれば相手を傷つけずに上手に断りたいですし、変な返事をしてしまうと、男性に深いトラウマを植え付ける可能性もあります。
そこでこの記事では、好きでも無い男性から告白された時の上手な断り方についてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。


他に好きな人がいると断る

好きでも無い男性から告白された時の上手な断り方は、やはり他に好きな人がいることをしっかりと伝えましょう。
たとえ他に好きな人がいなくても、好きでも無い男性の告白を本気で断りたいのでしたら多少の嘘も必要な瞬間もあります。あなたに他に好きな人がいると別れば、相手も潔く諦めますし、あまり傷つけずに済むので、きっぱりと伝えて断りましょう。


お礼を言いつつ断る

好きでも無い男性からの告白を傷つけずに断るためには、お礼を言いつつ上手に相手に対して伝えることが大切です。
例えば、「告白してくれてありがとう。でも〇〇くんとは付き合えない」と、感謝の気持ちを伝えてからしっかりと断ることで、男性もそこまで傷つきません。
しかし曖昧な態度をあなたが取ってしまうと、かえって男性を傷つけますし勘違いをされますので、注意しましょう。


仕事を理由に断る

好きでも無い男性から告白された場合は仕事を理由にはっきりと断ることで、相手に対してそこまでダメージを与えません。
例えば「ごめんね。仕事が忙しいから恋愛する暇がない」「仕事に集中したいから、付き合えない」などと集中を理由に断ることで、きっと男性も諦めてくれます。
仕事に集中したいと言って断れば、男性もしつこく迫ってきませんし、邪魔はできないと思ってくれるので、傷つけずに上手に伝えられます。


シンプルにはっきりと断る

好きでも無い男性から告白された時は、やはりシンプルにはっきりと断ることが大切ですので、しっかりと相手に伝えましょう。
例えば「ごめん。〇〇くんのこと恋愛対象として見れない」「友達としていたいから付き合えない」とはっきりと断る勇気が必要です。
確かに女性からしてみればはっきり断るのはとても勇気が必要になりますので、きちんと相手に言えないかもしれませんが、シンプルに伝えた方が傷つかない男性もいます。


まとめ

好きでも無い男性から告白された時の上手な断り方は、勇気を出してシンプルに思い切って伝えることで、きっとお互いにスッキリします。
告白してくれたことに対して感謝のお礼をしっかりと伝えて、断れば男性を大きく傷つけることはありませんので、曖昧な言葉を言わないようにしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/28 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます