繰り返されるドア前ギリギリへのコーヒー置き配 注文主は外に出られず「チップが少ないから嫌がらせ?」(米)

拡大画像を見る

米ニュージャージー州在住のアレックス・ブラッドショーさん(Alex Bradshaw)はここ数か月間、フルリモートでの仕事や別で行っている自身のビジネスのために忙しい生活を送っている。

ある日、コーヒーを切らしてしまったアレックスさんは米大手デリバリー会社「DoorDash」を利用して、カフェのコーヒーを自宅に届けてもらうように注文した。

時折このサービスを利用しているアレックスさんはこの日、アイスコーヒーとベーグルを11ドル(約1250円)で購入し、そこに3.5ドル(約400円)のチップを支払ったという。そして無事にアレックスさんの自宅に商品が届けられたが、ここで大問題が発生した。

なんと配達員は外開きの玄関ドアが開くか開かないかギリギリの位置にコーヒーを置いていき、アレックスさんはドアを開けて商品を受け取ることができなくなってしまったのだ。アレックスさんはこの様子をTikTokに投稿しており、ガラスのドアからわずか数センチしか離れていない場所にプラスチック容器に入ったコーヒーと紙袋に入ったベーグルが置かれているのを確認できる。

重い物ではないのでドアを開けることはできるが、開ければコーヒーの容器が倒れて中身が台無しになることは想像に難くない。

先月17日に投稿された動画には「裏口から取りに行きなよ!」という声が殺到しているが、もちろんそんなものがあればこんな事態には陥っていない。アレックスさんもコメント欄で裏口はないと明かしており、唯一の別の出入口は2階のベランダのみだった。

この動画を見た人からは「私も同じように届けられたことがあるよ」「僕は配達員としてこんな風に届けてしまったことがあるな」「ベンチに置いてと言ってもドアの前に置くんだよね」などの声があがっており、同様の経験をしている人は多数いるようだ。

先月に投稿した動画では、結局ドアを開けたのかどうかは明かされなかったが、コメント欄には「コーヒーは倒しても意外とこぼれないよ」「敷いてある絨毯をスライドさせて取るのはどう?」などアドバイスが届いていた。

これを受け、アレックスさんは今月14日に新たな動画を投稿した。そこには再びデリバリーを注文し、前回と同じようにドアの目の前に配達されてしまうという悲劇が繰り返されていた。しかしアドバイスの通り思い切ってドアを開けてみると、コーヒーは倒れてしまったものの、フタが外れたり中身がこぼれたりせずコーヒーを回収することができた。

また今月18日には、絨毯をスライドさせる方法でコーヒーを回収しようと試みる動画が投稿された。ところがこちらは上手くいかなかったようで、絨毯をずらしてコーヒーを取ろうとすると容器が倒れてしまい、隙間から手を伸ばして回収しようとしたがフタが外れて中身が全てこぼれてしまった。

注文時にアレックスさんが商品の置き場所を指定しているのかどうかは不明だが、今月20日にも4個ずつコーヒーが入ったトレーが2段重ねで届いた動画が投稿されている。これまでと同様の位置に配達されたこのコーヒーは、アレックスさんがドアを開けたことによりコーヒーが倒れ、玄関前はコーヒーでびしょ濡れになってしまった。

配達員はドアの開く方向が分からないのか、懲りずにドアの目の前ギリギリに商品を配達し続けている。この様子を見た人からは「チップが少ないから嫌がらせとしてやられてるのかもよ」と、配達員が意図的にやっているのではないかと疑う声もあがっている。

画像は『Alex Bradshaw 2021年9月17日付TikTok「It’s ok, I do some DoorDash driving from time to time, I can criticize」、2021年10月18日付TikTok「Reply to @katosollo you guys are messing with me now」、2021年10月20日付TikTok「*takes a bow*」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 10/27 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます