【天皇賞・秋 注目馬】重賞2着6回、伝統の大舞台で黄金の大輪を咲かせるか

拡大画像を見る

 10月31日、東京競馬場で行われる天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)に出走予定のカレンブーケドール(牝5、美浦・国枝栄厩舎)。

 同馬は父ディープインパクト、母ソラリア、母の父Scat Daddyという血統。通算成績は16戦2勝。そのうち重賞2着6回、3着2回。

 3歳時は、オークスを12番人気2着、秋華賞2着とクラシック戦線で活躍。古馬と初対決となったジャパンCでは健闘するも2着と1歩届かず。

 4歳時は、京都記念をクロノジェネシスの2着、オールカマーをハナ2着、ジャパンC4着と重賞初勝利を叶えられずに終わった。

 今年の成績は、日経賞をウインマリリンの2着、天皇賞(春)を3着、宝塚記念を4着と勝利はないものの、掲示板を外していない。

 今年も好メンバーが揃う伝統の中距離王者決定戦。ここで黄金の大輪を咲かすことができるか。

関連リンク

  • 10/26 21:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます