田中みな実が青木裕子との「ガチ不仲」を暴露!NHK桑子真帆と和久田麻由子も…女子アナ「混ぜるな危険」最新「共演NGリスト」

拡大画像を見る

 テレビ画面には映らない、女子アナ界の“犬猿の仲”がまた一つ暴露された。10月3日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)でガチ不仲だったことをバラされたのは、田中みな実(34)と青木裕子(38)。局アナ時代に同番組で共演していた2人について、司会の爆笑問題・田中裕二が「いっつもロケでモメてるんですよ」と暴露すると、太田光も「2人で朝からケンカし始めるんだよ、本番前に」とバラしたのだ。

「2人のバトルは“サンジャポ”でお約束のシーンでしたが、リアルに仲が悪かったとは。田中が“青木さんがメイクルームで一切顔を合わせてくれなくて。目も合わせてくれなかった”と言うと、青木が“ホントに嫌だった!”と返していました」(テレビ誌記者)

 ナインティナイン・矢部浩之と結婚し、今や二児の母となった青木は、田中の4年先輩。TBS時代は“恋愛製造器”として有名だった。

「ミス慶応出身と思えない奔放さが素晴らしく、番組内で“1年に300回はしてます”とぶっちゃけて、世間のド肝を抜きました(笑)」(前同)

 一方、当時の田中はぶりっ子キャラ。しかも、バレンタインには、あらゆる番組関係者に、手書きのメッセージ入りチョコを渡して回ったという逸話もある。

「青木から見れば、ぶりっ子を演じる当時の田中が気にくわなかったのかも」

 こう指摘するのは芸能評論家の三杉武だ。

「そもそも、出演枠が限られている局アナ同士は全員がライバル。席の奪い合いは熾烈そのものです」

 そこで今回、テレビ界への取材を基に、“混ぜるな危険”な関係の女子アナたちを徹底調査してみた。

■NHKの2大エースも

 まずは年末の看板番組、紅白歌合戦の総合司会を争う、NHKの2大エース、桑子真帆アナ(34)と和久田麻由子アナ(32)から。

「早大出身のエリート商社マンと結婚した東大卒の和久田に対し、バツイチだった桑子も9月に小澤征悦と再婚。桑子はNHK初の奔放アナとして週刊誌をにぎわせましたが、本人はどこ吹く風。最近は“小澤と結婚してスゴい”と逆に評価を上げ、紅白司会の最右翼です」(NHK関係者)

 番組改編に伴う女子アナの“指定席”をめぐり、新たなバトルも勃発している。

 テレビ朝日は夕方の『スーパーJチャンネル』のキャスターを務める松尾由美子アナ(42)と、10月に『報道ステーション』から移ってきた森川夕貴アナ(28)が危険なムードだという。

「朝ワイドが長かった松尾アナと夜の『報ステ』出身の森川アナが、夕方のエースの座をめぐって激突中。局としては森川アナを報道の顔に育てたい思惑もあり、松尾アナも面白くないみたいです」(テレ朝関係者)

 同じく日本テレビでも、エースの水卜麻美アナ( 34 )がピリピリ。今年4月に自分と入れ替わりで朝の番組『スッキリ』の顔となった、入社4年目の岩田絵里奈アナ(26)を、かなり意識している様子だという。

「ミトちゃんは自分が『ZIP!』に移ると『スッキリ』の視聴率がかなり下がると思っていたみたい。でも、ほとんど変わらなかったことにショックを受けたとか(笑)。日テレの看板アナの座を死守せんと、必死ですよ」(日テレ関係者)

 フジテレビからは久慈暁子アナ(27)と海老原優香アナ(27)。17年に入社した同期の仲の悪さは、同局のバラエティ番組で取り上げられたほど有名だ。

「2人は同じ現場でも、ひと言も口を利かないんです。冠番組『クジパン』で華々しくデビューした久慈アナは、仕切りとトークの拙なさから撃沈。一方、『とくダネ!』に抜擢された海老原アナも半年で降板。どっちもどっちなんだから、仲良くしたらいいんですけどね……」(制作会社スタッフ)

 最後は昨春、テレビ東京を退社してフリーになった鷲見玲奈(31)。彼女にも古巣に“怨敵”がいるとか。

「キャラが被った相内優香アナ(35)は、仕事が集中する鷲見を敵視していたそう。鷲見にとっては先輩ですから、天敵的存在。また、彼女のブレイクには局内で相当、ジェラシーがあった。退社の遠因となった同僚男性アナとの“不倫疑惑”も、鷲見のブレイクを妬む後輩アナによる密告だと噂されています」(前同)

 女の恨みはかくも怖い!?

関連リンク

  • 10/25 19:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます