大久保佳代子は「介護」のため…小林麻耶、指原莉乃、鈴木奈々、セクゾ菊池風磨も!!芸能界「ツルツル無毛」最新事情!

拡大画像を見る

 10月11日放送の『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)で、「VIOを脱毛した」とオアシズの大久保佳代子(50)が明かした。

 大久保が行なったのは、介護が必要になったとき他人の手を煩わせないために脱毛をする“介護脱毛”だという。

「10月19日発売の『女性自身』(光文社)によると、大久保のように“介護脱毛”を行なう人は増えているといいます。現に大久保自身もおぎやはぎの小木博明(50)から介護脱毛を勧められていますし、大久保からの勧めでいとうあさこ(51)も7月15日に、VIOの脱毛を始めたとツイッターで明かしています。

 また、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(47)も2020年10月29日に『淳のVIOツルツル計画【まじめな介護脱毛】inメンズリゼ』と題した動画をYouTubeに投稿して実践していました。

 芸能人にも介護脱毛の波が広がっていますが、『女性自身』の取材を受けた医療脱毛専門院の院長も約4年前から40代以降の患者が増えてきていると答えており、一般にも浸透してきているようですね。欧米のみならず、日本でも脱毛ブームが到来しつつあるのかもしれません」(夕刊紙記者)

■離婚協議が注目された小林麻耶も!

 フリーアナウンサーの小林麻耶(42)も、7月28日のブログで「あまりの痛さにVIO脱毛を断念ことがある私ですが最新機器の凄さに驚愕しております!! 時代は進んでいますね!」「あまりに痛くなくて『え!もう脱毛始めてるんですか?』と笑ってしまったくらい」と投稿している。

「小林は明確に脱毛しているとは宣言していませんが、ブログの書きぶりからして脱毛を受けたのでしょう。小林は、大久保らよりも若くまだ40代です。彼女は、夫のあきら。こと國光吟氏(38)と離婚協議に入ったと、7月1日発売の『女性セブン』(小学館)が報じています。そこからの進展は明らかになってはいませんが、将来的に独り身になったときのことを考えて、介護脱毛のために42歳での脱毛を決意したという可能性もありえそうです」(前出の夕刊紙記者)

 介護脱毛に限らずとも、芸能界には脱毛の波が広がっているようで、大久保や小林らよりも若い世代のタレントが脱毛を公言したこともある。

 指原莉乃(28)も2018年10月放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、「全部やってます」と全身脱毛を行なっていると明かした。

「指原は、2014年9月放送の『有吉AKB共和国』(TBS系)で、この時点で腕と足の脱毛だけ行なったと話しています。指原は、脱毛の理由を話しているのですが、驚くことに有吉弘行(47)がきっかけだというんです。

 指原は、“有吉さんに、ハワイのロケのときにいじられたじゃないですか。下の毛、指原モジャモジャだみたいな話したじゃないですか”“私は『モジャ原』なんですよって話をしたときに、ダレノガレ明美さん(31)は『私は何にもない。ツルノガレだ』って話をしてたんですよ。それを聞いて、私、女じゃないかもってずっと気になっていて、最近全部いっちゃったんです”と説明しました。

 それまで気にしていなかった脱毛を実際に行なったわけですから、よほど有吉の言葉が心に響いたのでしょうね」(女性誌記者)

■写真で「がっつり修正されて」永久脱毛の道へ

 SexyZoneの菊池風磨(26)は、6月23日放送のラジオ番組『Sexy ZoneのQrzone』(文化放送)で、全身脱毛していると明かしている。

「菊池は番組で“僕キレイ好きなんですけど、髪の毛とかってさ……生えてる分にはなんにも思わないけど、毛が落ちてるだけですげぇ汚く感じるじゃん。と思ったら、なんか毛が嫌になってきて。じゃあないほうがよくない? みたいな。1回もう全身やったんですよ、脱毛”との説明をしたほか、翌24日の放送では美容男子で知られるSnowManの渡辺翔太(28)からの影響もあった話しています。

 ただ、全身脱毛についていろいろ説明していた菊池ですが、脱毛そのものは10代の頃にはすでに手をつけています。2020年10月放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した菊池は、出版社2社が参加するハワイでの撮影に参加したところ、菊池の俗に言う“ギャランドゥ”がA社ではそのまま、B社には“がっつり修正されてたいた”といいます。

 このB社の対応を受けて、撮影当時16〜17歳の多感な時期だった菊池はギャランドゥを永久脱毛したそうです。10代の頃にすでに1か所脱毛をしているポイントがあるわけですし、これがきっかけで、どんどん範囲が広がって全身やってしまった可能性もあるのかもしれませんね」(前同)

■脱毛の理由は“夫愛”

 先日、3か月間の休養から仕事復帰を果たしたタレントの鈴木奈々(33)は、2018年3月に放送された『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で脱毛していることを明かした。

「趣味の一環で、脱毛にハマっているという鈴木は、“全部なくしたんです、下。やっちゃいました”とコメント。理由については“旦那にもっと抱かれたいなと思って。ツルツルにしたほうがいいかなと思って”と説明しました。

 2014年1月に一般男性と結婚した鈴木は、これまで何度も番組などで夫についてのトークをしていて、夫婦仲の良さがうかがえます。とにかく夫が好きなようで、夜の夫婦生活もより充実させたいというところがあるのでしょうね。脱毛でもなんでも、プラスになるところはなんでもやっておきたいのかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

 一般社会でも、男女問わず脱毛する人が増えていっている昨今。芸能人はよりその必要性が高いのかもしれない。

「菊池が撮影をきっかけにギャランドゥの永久脱毛をしたということですが、芸能人は肌を見せる仕事がある場合もありますし、毛の処理が一般人よりも重要そうですよね。肌を見せる以外にも理由はさまざまあり、ベテランから若手まで、そして男女問わず、芸能界ではツルツル化の流れがより進んでいきそうですね」(前同)

 脱毛はしても当たり前。そんな時代がくるのも近いのかもしれない。

関連リンク

  • 10/24 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます