東方神起「ユンホ活動自粛」を経て2年ぶりカムバ決定!歓喜の陰でファンにくすぶる“複雑な本音”

拡大画像を見る

 ファンが待ち望んでいたあの男たちが、ついにカムバックする――。

 ユンホ(35)とチャンミン(33)からなる東方神起の活動再開にまつわるニュースが、今月15日から18日にかけて相次いで発表された。

 その内容を時系列に並べると、11日14日に東方神起として日本ファンクラブ向けのオンラインイベントを開催、12月8日にチャンミンが日本オリジナルソロミニアルバム『Human』をリリース、2022年1月にユンホが日本オリジナルソロミニアルバム(名称未定)をリリース、そして同2月に東方神起として日本でミニアルバムをリリースと、まさに怒涛のスケジュールとなっている。

「ユンホは今年2月、ソウル江南(カンナム)区にある無許可の遊興飲食店に営業制限時間を超えて滞在し、酒を飲んだとして、感染症予防法違反の疑いで警察の取り調べを受けました。この一件が物議を醸して活動自粛状態に入ったユンホですが、9月1日に“嫌疑なし”として刑事処分を免れたことが報じられ、翌2日に、ユンホ自身がインスタグラムを通じて“自分を恥ずかしく思い、反省する時間を過ごした。今も反省している。今後、二度とこのようなことが起こらないように自分を戒め、反省する”と改めて謝罪したことで、一応の決着がついた格好です。これを受け、満を持して再始動の流れになったのだと思われます」(韓国事情に詳しいWEBライター)

 東方神起が日本でアルバムを発売するのは、2019年10月リリースの『XV』以来2年ぶり。昨年予定されていた東方神起の日本デビュー15周年イベントやライブツアーがコロナの影響で相次いで延期や中止となったことに加え、ユンホの活動自粛が重なり、ファンにとっては実際の年月以上の“長い空白”のように感じられたことだろう。

「カムバックが発表されると、SNS上には“震えが止まらないくらいうれしい”“待ってた!おかえり”といった喜びの声が相次ぎました。関連ワードが連日ツイッタートレンドを賑わせたほか、ユンホのアルバムのティーザー映像は投稿からわずか2日で100万回再生を突破するなど、大いに盛り上がりを見せています。ファンがいかに2人そろっての活動再開を待ち望んでいたか、その思いの強さがうかがえますね」(前出のWEBライター)

■母国で激しいバッシングの標的となったユンホ

 一方、母国で激しいバッシングの標的となったユンホについては、《一歩踏み出すんだね。どういう心境なのか 納得ずくなのか やりたい事はやれるのか…》《ユノの言葉を待ってるけど無いままなのに…今どんな思いで過ごしてますか》《ユノの心を置き去りにしてる》とその心中を思いやる声も少なくない。

「韓国のネットユーザーが不祥事を起こしたタレントを過剰に叩くことは日本でもよく知られていますが、ユンホも過去のペットの飼育放棄疑惑が取り沙汰されたり、ビル購入に関する節税対策を糾弾するような書き込みが広く拡散されるなど、この間多くの批判にさらされてきました。騒動以来ユンホはインスタにも一切近影を載せていませんし、彼が本当に以前のような元気な姿を見せてくれるのか、ファンは不安を覚えているのでしょう。

 結局のところ、今回発表されたのは全て“イル活=日本向けの活動”。韓国では今も活動できない状態が続いているといいますし、“所属事務所がメディア報道を放置したせいでバッシングが過激化した”“タレントを守らなかった事務所にお金を落としたくない”といった辛らつな意見も散見されます。何事もなかったように活動を再開することで、再び批判の標的になってしまうことを恐れているファンもいるようです。そんな不安が現実にならないとよいのですが……ファンも喜び半分、見守ることしかできないのがもどかしいといった複雑な心境なのかもしれません」(前同)

■【動画】「ユンホおかえり」の声続々!100万回再生突破のソロアルバム映像

 あと1か月後には、久々に2人そろった姿を見せてくれるであろう東方神起。“空白の2年”を経て一体彼らは何を語るのか――日韓で注目が集まっている。

※画像は東方神起のツイッターアカウント『@toho15th_JP』より

関連リンク

  • 10/19 16:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます