フジ『新しいカギ』土曜20時“お引越し初回”「爆死」!“大ゲンカ&オワコン”日テレ『エンタの神様』「必殺メンツ」にボコボコ敗北!!

拡大画像を見る

 チョコレートプラネット、霜降り明星、ハナコがメインキャストを務めるコント番組『新しいカギ』(フジテレビ系)が、10月16日から土曜20時枠での放送を開始した。

『新しいカギ』は、1月3日の特番放送を経て、4月23日に金曜20時台でのレギュラー放送を開始。そこから半年を経て『オレたちひょうきん族』『めちゃ×2イケてるッ!(めちゃイケ)』と、伝説的な大人気お笑い番組が放送されていたフジテレビの看板枠に移動してきた。

 引っ越し1発目となる10月16日の放送では、『ゴリエ&深キョン&金メダリストが新作コントに登場SP』と題して、丸山礼(24)らレギュラー陣に加え、定番コント『サカガミくんとオオタくん』に再びガレッジセール・ゴリ(49)が扮するゴリエが出演したほか、『ウーザーイーツ 建前さんと本音くん』のコーナーでは深田恭子(38)が登場。

 さらに東京オリンピックの柔道金メダリストのウルフ・アロン選手(25)らメダリストもゲスト出演する豪華な2時間スペシャルが放送された。

「“お引越し初回”は豪華ゲストを呼んでのスペシャル版で、いよいよ土曜20時台に殴り込んできた『新しいカギ』ですが、10月16日の放送は世帯視聴率4.3%、コア視聴率3.4%という数字に終わってしまいました。土曜のゴールデンで、しかも2時間スペシャルで世帯4.3%というのは極めて低く、“爆死”と言われても仕方のない数字。その割にコア視聴率では健闘している感はありますが、3.4%も堂々と“高い”と言えるものではないでしょう。

 フジテレビは思いっきりコアシフトをしていますから、もはや世帯視聴率はどうでもよいのかもしれませんが、この数字から分かるのは、13歳から49歳までのコア層以外の人たちはほぼ見てないということ。また前回、ゴリエが出演した際は数字が良かったので、再び出てもらったのでしょうが、今回はその効果もなかった。新たなスタートにしては、かなり寂しい数字となってしまいましたね」(制作会社関係者)

■真裏では老舗ネタ番組が大奮闘

『新しいカギ』と同じ10月16日の19時から21時まで、日本テレビでは『エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発スペシャル』が放送されていた。

「『新しいカギ』の真裏で放送された同じお笑い番組の『エンタの神様』は世帯7.5%、コアも5.2%と健闘。『新しいカギ』は『エンタの神様』に大きな差をつけられてしまったんです」(前出の制作会社関係者)

 10月16日の『エンタの神様』は、『M−1グランプリ』王者のNONSTYLE、アンタッチャブル、ミルクボーイ、マヂカルラブリーをはじめ、お笑い第7世代の四千頭身、ぺこぱといった若手の人気芸人らが出演してネタを披露した。

「やはり日テレとしては『新しいカギ』の引っ越し初回放送の出鼻をくじくためにも、局の看板お笑い番組でもある『エンタの神様』をぶつけてきたのではないでしょうか。

『エンタの神様』は今回、中堅実力派のアンタッチャブル、タカアンドトシ、根強い人気をほこるNON STYLE、ロッチ、若手の四千頭身や3時のヒロイン、ニューヨーク、マヂカルラブリーと、中年層から若手のお笑いファンまでをカバーできる幅広い豪華ラインナップを用意。見事に、『新しいカギ』からの視聴者奪取に成功したようです」(前同)

■「エンタの神様とかもうオワコンなのに」の声もあるが…

 2003年4月から2010年3月までレギュラー放送が行なわれ、以降も不定期特番として放送される日テレを代表するお笑い番組『エンタの神様』。同番組はネタ番組の中でも独自のカラーを出していた。

「『エンタの神様』は、ネタ番組の中でも異色の存在。ネタ中にテロップを表示する、漫才を得意とする芸人にコントをやらせるといった、総合演出を務める五味一男氏の演出手法によって独自のカラーが生まれ、人気を博していました。

 ただ、次長課長の河本準一さん(46)は、5月3日に公開したYouTube動画『【エンタの神様】次長課長のネタ。総合演出、五味一男さんを語る!』の中で、番組サイドと演出を巡って揉めた経験もあると明かしていました。

 河本さんは、“僕のお笑い人生のなかでも、一番ケンカしたかな”と言い、“面白いネタをやってほしいというディレクターの意見と、面白いネタはこれなんですっていう次長課長の意見が合わないのよ。だから、もめたっていうのは悪い表現ではなく、お互いに良いモノを作るために必要だった”と当時について振り返っています」(お笑いプロ関係者)

 オリジナリティを確立して放送開始20周年も近づいてきている『エンタの神様』だが、視聴者からは「エンタの神様とかもぅオワコンなのに」「ネタの面白さで言うとエンタの神様は日本一つまらないお笑い番組」といった厳しい声もネットには寄せられている。

「テレビ用に完璧に作り込まれた、出演芸人の“普段ではない姿”に違和感を感じる視聴者は多いですよね。そうした『エンタの神様』の独自のカラーに、飽きや嫌悪感を感じる人もいるようです。

 ただそんな『エンタの神様』が今回、お笑い好きの幅広い層をすくえる豪華メンツをキャスティングして、『新しいカギ』を潰しにきた。『新しいカギ』は制作の都合上、毎週放送するのは難しいとされ、2週に1度のペースで2時間での放送になると見られています。おらそく今後も、他局は豪華特番をぶつけてきて、『新しいカギ』の出鼻をくじこうとするでしょう。

『新しいカギ』は今後、その包囲網の中でファンを作り、数字を上げていかなければならない。なかなか厳しい戦いが続きそうです」(前同)

 ただ、『新しいカギ』の土曜20時台での放送はまだ始まったばかり。これから徐々に人気を伸ばしていくことに期待したい!

関連リンク

  • 10/19 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます