田中圭&石原さとみの映画イベントで「消えた人気俳優」に心配の声

拡大画像を見る

 10月5日、映画「そして、バトンは渡された」(10月29日公開)のジャパン・プレミアイベントが行われた。同映画には、様々な人気俳優が出演しており、注目を集めている。

「『そして~』は、血のつながらない親のもとで育った女性と、愛娘を残して失踪した女性の運命が交差する感動作とのこと。今回、血のつながらない親子役を田中圭と永野芽郁、自由奔放なシングルマザー役を石原さとみが演じています。7月に予告が公開された際は、ウェディングドレスで前かがみとなる石原のバスト渓谷シーンがネットで話題となり、再生数が瞬く間に100万再生を超えました」(テレビ誌記者)

 そんな映画のお披露目イベントは今回、YouTubeでも生配信され、田中、永野、石原の3人のほか、市村正親や子役の稲垣来泉なども登壇した。しかしその中に、重要な役を演じたある俳優の姿がなかったことで、ファンをザワつかせることになったという。

「映画では、永野演じる優子の同級生役で岡田健史が出演しています。彼は映画の公式サイトにて永野、田中に続いて3番目に名前が載っている重要キャストなのですが、今回のイベントに姿を現さなかったことで、コメント欄では『岡田くんがいないのは残念!』と悲しむ声があがることとなりました。

 岡田といえば今年、のちに和解したものの、所属事務所と方向性のズレが生じ、裁判沙汰にまで発展し話題に。それだけに一部ファンからは、『裁判騒動の影響で、岡田くんだけハブられたとかじゃないよね?』などと心配する声も飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

 今回、岡田はスケジュールの都合で参加できなかっただけかもしれないが、裁判騒動で世間を騒がせた影響もあり、様々な憶測を呼んでしまったようだ。

関連リンク

  • 10/8 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ***

    10/20 21:57

    心配?何で?成功しようが失敗しようが病気にかかろうが失踪しようが死のうがどーでもええ事。 所詮他人だし気にもかけません

  • ***

    10/11 13:26

    裁判沙汰になるような輩は要らんやろ!

記事の無断転載を禁じます