小倉智昭、今のテレビは“つまらない”とバッサリ「どれを観ても同じで、ワクワクするものがない」

テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」レギュラーコメンテーターの玉川徹とフリーアナウンサーの原千晶がパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「ラジオのタマカワ」。「テレビではまだ出せていない玉川徹の新たな一面を発信!!」をコンセプトに、ビジネス、キャリア、マネー、カルチャー、エンタメ、音楽など、さまざまなジャンルをテレビとは違った角度から玉川が深掘りします。

今回の放送では、小倉智昭さんがゲストに登場。今のテレビ業界や、「とくダネ!」(フジテレビ系)の出演エピソードについて語ってくれました。

(左から)パーソナリティの原千晶、小倉智昭さん、玉川徹

◆炎上上等で「とくダネ!」をやっていた

玉川:僕にとってこのラジオはオアシスになっているんですよ。

小倉:そのわりには羽鳥(慎一)君にかき回されていたよね? この前、羽鳥くんから電話がかかってきて「好きにやってください」と言われたよ。自分の番組じゃないからすごく遠慮しているけど。

玉川:自分の番組だとどうなっちゃうんですか?

小倉:そりゃあ、気を遣わないよ。今はどうやったら玉川君を立てられるかをずっと考えている。

玉川:これだから「とくダネ!」に出てみたかったわけよ。

小倉:コメンテーターで出るんだったら「とくダネ!」のほうが面白いよ。羽鳥君はあまりケンカとかしたくない人だもんね?

玉川:羽鳥さんはケンカが嫌いなんですよ。

小倉:だから人気があるんだと思うよ。

玉川:それがある種戦略っていう部分もあると思います。「とくダネ!」では嫌われたっておっしゃっていましたけども、自分なりの戦略だったわけですよね?

小倉:「これはネットで炎上するだろうな」と楽しみながら炎上させていましたね(笑)。

玉川:そうなんですか! そんな気概がある人って今テレビにいないですよ。

小倉:どうなんだろう。今ってもっと厳しくバッシングされるからね。

原:SNSとかでもいろいろ言われちゃいますしね。

小倉:僕なんかは、そういう意味ではそういう流れの初期だったからね。

◆今のテレビが“つまらない”と感じる理由

玉川:昔と比べてテレビがつまらなくなったなって思いますか?

小倉:つまらないですよ。まったく面白くない。どれを観ても同じでワクワクするものがない。ドラマを観ても、主役クラスはとっかえひっかえ同じ人を使う。みんながみんな数字が取れそうな人に行く。それの連続でしょう?「心底これが観たい」っていう番組がないのよ。

玉川:毎週観ているものはないんですか?

小倉:毎日観ているのは「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)だよ。

玉川:ありがとうございます! それは嬉しい。

小倉:観ながら「ここはそうじゃないよ」って思うこともあれば、「なかなかいいことをじっくり届けているなあ」と思うこともあります。

玉川:スタッフがすごく喜ぶと思います。

小倉:ネタがないときは苦しんでいるのがよくわかるよね(笑)。

玉川:やったことがある人しかわからない苦しみですよね。生放送なので2時間をとにかく埋めなきゃいけませんから。そのうえにレベルを高くしないといけない。そういうことですよね。

<番組概要>

番組名:ラジオのタマカワ

放送エリア:TOKYO FM

放送日時:毎週木曜 11:30~13:00

パーソナリティ:玉川徹、原千晶

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/tamakawa/

2024/7/10 20:00

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    7/11 17:02

    情報番組では今でコメントしてる玉川、ミヤネ、坂上、関根、のゴキブリでその情報や見ていて不機嫌になる奴らを使うテレビ局とか、十数年もやってるクイズ番組やカラオケバトルやいつまでやるのかゴチになります、帰れマンデー見っけ隊!!、後お笑い芸人の井戸端会議、食事のレポートとか、三流役者が元ジャニーズとか吉本芸人とか見ていてつまらん連中の学芸会も観る気なしだからね。

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます