大人気アニメ『怪獣8号』 初のスマートフォン・PC向けゲーム化を発表!

アカツキゲームスは、大人気アニメ『怪獣8号』初のスマートフォン・PC向けゲーム化を発表した。

大迫力バトル

2020年より「少年ジャンプ+(集英社)」にて、連載中の松本直也氏による人気漫画を原作としたアニメ『怪獣8号』。

日常的に怪獣が、人々を脅かす世界で市民を守るため怪獣を討伐する「日本防衛隊」と、無慈悲に襲い来る怪獣との『大迫力バトル』を描いている。

デイリーランキング1位

2024年4月から放送開始したアニメは、テレビ放送(テレ東系列)と同時に、X(旧Twitter)での全世界リアルタイム配信を実施。

動画配信サービスの「Amazon Prime Video」、「NETFLIX」など主要プラットフォームにおいて国内デイリーランキングで1位を獲得している。

1,300万部突破

また、原作コミックスは、2024年4月時点でデジタル版を含めて、国内累計発行部数1,300万部を突破。

「少年ジャンプ+」での累計閲覧数は、6億を超えるなど高い人気を誇っており、今後の展開に期待が高まっている。

『怪獣8号 THE GAME(仮称)』

・企画・制作・開発・運営:株式会社アカツキゲームス

・制作・宣伝協力:東宝株式会社、株式会社プロダクション・アイジー

・配信:株式会社アカツキゲームス

・配信プラットフォーム:AppStore、GooglePlay、Steam

・価格:基本無料(アイテム課金制)

Ⓒ防衛隊第3部隊 Ⓒ松本直也/集英社

ⒸAkatsuki Games Inc./TOHO CO., LTD./Production I.G

2024/6/16 11:48

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    7/11 1:16

    怪獣8号初めタイトル見てアホらしいと思ってたらかなり魅力的な話でしたね少し録画しそこなったのが残念でした。

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます