【SDGs】マテリアリティ(重要課題)の取り組みについて

株式会社加藤製作所

 当社(株式会社加藤製作所/本社:東京都品川区)は「優秀な製品による社会への貢献」を経営理念として掲げ、創業から約130年歩んでまいりました。今後も事業を通じて、当社と社会が共に発展する未来を実現するためには、中長期的にサステナビリティやESGを重視した経営を推進することが重要だと考えております。

マテリアリティ(重要課題)の特定

2023年、当社は社長を委員長とするサステナビリティ委員会を新設いたしました。また、同委員会の直下に「環境分科会」「人事分科会」の2つの分科会を立ち上げ、それぞれのテーマに対し中長期的な視点に立った施策の立案と進捗管理を行っております。

2024年には、サステナビリティ経営を推進するため、新たにマテリアリティ(重要課題)の特定プロジェクトメンバーを組織し、以下の5つのマテリアリティを特定いたしました。

今後も当社は責任ある行動と事業を通じた社会への貢献を心掛けていくとともに、各取組みを推進し、さらなる企業価値の向上を目指してまいります。

各マテリアリティ(重要課題)の詳細は以下URLからご確認いただけます。

https://www.kato-works.co.jp/sustainability/policy/#policy-link01

会社概要                                                                                                                                              

商号: 株式会社 加藤製作所

所在地: 〒140-0011 東京都品川区東大井1-9-37

設立: 1935年1月(昭和10年1月) / 創 業: 1895年(明治28年)※個人事業主として創業

事業内容: 建設用クレーン、油圧ショベル等及びその他の製品の製造ならびに販売

URL: https://kato-works.co.jp

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ

2024/5/29 15:00

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます