【フェンシング】男子サーブル カデ世界選手権(サウジアラビア/リヤド)で河原資起(かわはら もとき)が銅メダル獲得!

公益社団法人日本フェンシング協会

男子サーブルでのカデ世界選手権メダル獲得はフェンシング界初の快挙🥉

現地時間2024年4月19日(金)にサウジアラビア(リヤド)で開催された、カデ世界選手権(個人)にて、河原資起(立教新座高等学校)が銅メダルを獲得しました!

表彰式:銅メダル獲得 河原資起(かわはら もとき)

準々決勝でSIBILLO(ITA)に15対9で勝利。準決勝ではURAKBOEV(UZB)に14対15で惜敗するも、見事銅メダルを獲得しました!※国際大会でのメダル獲得は自身初🥉

準決勝:左 河原資起(かわはら もとき)

表彰式:左から ABDUKARIMBEKOV (UZB)、URAKBOEV (UZB)、KIM (KOR)、河原(JPN)

■コメント■

河原資起:今大会は私にとって、最後のカデカテゴリでの世界選手権への出場でした。過去2回の出場では思うような成績を収めることができなかったので、今まで以上に覚悟を持って日々練習に励み今大会に挑みました。その結果、入賞を果たすことができてとっても嬉しかったです。この結果は、自分の努力だけではなく、支えてくださっている方々のおかげであることに感謝をし、今後はジュニアカテゴリでも勝利を収められる選手に成長できるよう頑張ります。

■大会リザルト■

https://www.fencingtimelive.com/tournaments/eventSchedule/FC5D73D1E44442FC895B3B1E5FF7C13B#today

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ

2024/4/21 10:50

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます