加茂荘花鳥園:2024年花菖蒲・アジサイ展始まります Kamoso Kachoen 2024 Japanese iris and original hydrangea season open!

加茂株式会社

2024年4月26日(金)~6月23日(日) from 26 Apr to 23 Jun

5月の早咲き花菖蒲畑 Early blooming iris field in early May 英語版は日本語版の後をご覧ください。

For the English version, see after the Japanese version.加茂荘花鳥園では、今年も4月26日(金)から「オリジナル花菖蒲(はなしょうぶ)・アジサイ展」が始まります。天竜浜名湖線原田駅近く、静岡県掛川市原里にある、江戸時代中期に建てられた庄屋屋敷は、令和の今、1ヘクタールの広大な庭に咲く四季折々の花、小さなアヒルコールダックの群れ、飛び交う野鳥、そして、地元の食事が1日で楽しめる里山アミューズメントパークに姿を変えています。桃山時代から続く庄屋であった加茂家が守ってきた、日本の懐かしい古里の姿をゆっくりとお楽しみください。

地植え花菖蒲 Iris planted on the ground加茂荘花鳥園の花菖蒲加茂荘花鳥園の花菖蒲には2回の満開の時期があります。連休に満開を迎えるのは加茂荘オリジナルの早咲き花菖蒲で、古くからの品種より1か月も早く元気で若々しい花をつけます。一方、古参の地植え花菖蒲はきりりとしたたたずまいで、5月末から6月初めに満開となります。

温室内のアジサイヒルズ Hydrangea Hills in the greenhouseオリジナルアジサイ当園のオリジナルアジサイは、一江豊一の育種によるKamoセレクションとして国内外にその名を広く知られていますが、今年は、クラウドファンディングによるご協力をいただいて園内の古寺前にKamoセレクションの原木園を作り、50mに及ぶアジサイロードも整備しました。連休中から温室内で恒例のアジサイ鉢の展示(アジサイヒルズ)も楽しめます。お気に入りの展示品はアジサイヒルズから直にお買い求めいただけます。

味噌蔵あとに作られたカフェ「桑源亭(そうげんてい)」Cafe "Sogentei" built after the miso cellar園内には、植物を観賞しながら喫茶・食事が楽しめるスペースもあります。庄屋屋敷内の味噌蔵跡を利用した桑源亭(そうげんてい)では、原田地区の新茶やクチナシの実で鮮やかな黄色に染められたおこわの庄屋弁当、氷菓おにぎり弁当が、また温室内の花鳥(はなとり)カフェでは、ちまきや甘味が楽しめます。約1000平方メートル の広々とした展示温室では、雨天でも花と鳥を楽しむことができます。餌やりなど、鳥と触れ合うこともでき、大人の方はもちろんお子様連れの方も楽しむことができます。加茂荘花鳥園は、「はままつフラワーパーク」や「浜名湖ガーデンパーク」をはじめとする静岡県西部の7つの花の公園と庭園からなる「アメイジングガーデン・浜名湖」の一つに登録されています。国土交通省が創設したガーデンツーリズムとは、各地に点在する個性豊かな庭園の魅力を伝え、地域の活性と庭園文化の普及を図るため、複数の庭園が連携することで魅力的な体験や交流を創出する取り組みです。浜名湖花めぐり集印帳では、花めぐりが楽しくなるようなかわいらしいスタンプを集めることもできます。 季節の花をみたり、いろいろな歴史的施設を巡りながら、ご家族や友人の方と一緒に心温まる思い出を作られてみてはいかがでしょうか。 Kamoso Kachoen (Kamo Garden) will open its "Original Japanese Iris and Hydrangea Exhibition" on April 26 (Fri.) this year again. Located in Harasato, Kakegawa City, Shizuoka Prefecture, near Harada Station on the Tenryu Hamanako Line, the old villa built in the mid-Edo period has been transformed into an amusement park where visitors can enjoy seasonal flowers in the vast 1-hectare garden, flocks of small ducks "call ducks", flying wild birds, and local cuisine in a single day. Please take your time and enjoy this nostalgic Japanese old village that has been preserved by the Kamo family, a village headman since the Momoyama period (1573-1600).

The Japanese irises at Kamoso Kachoen are in full bloom at two different times of the year. The irises in full bloom during the Golden Week holidays from end of April to bigininng of May are Kamoso's original early-blooming irises, which bloom a month earlier than older varieties. On the other hand, the old, locally planted Japanese irises have a graceful appearance are in full bloom from the end of May to the middle of June.

Our original hydrangeas are widely known both in Japan and abroad as the Kamo Selection, bred by Toyokazu Ichie. This year, with the help of crowdfunding, the garden has created a logging garden and a 50-meter long hydrangea road and a garden in front of an old temple in the garden. Visitors can also enjoy the annual display of hydrangea pots (Hydrangea Hills) in the greenhouse from the end of April. Visitors can purchase their favorite exhibits directly from Hydrangea Hills.Here is also a space in the garden where visitors can enjoy a coffee or meal while admiring the plants. At Sogentei, located in the former miso cellar of the old house, visitors can enjoy a "shoya bento" (lunch box) dyed bright yellow by gardenia seeds, "hyoka onigiri bento" (rice ball lunch box) and fresh tea from the Harada area, and at Hanatori Cafe in the greenhouse, visitors can enjoy chimaki and other sweet treats. In the spacious exhibition greenhouse of approximately 1,000 m2, visitors can enjoy the flowers and birds even in the rain. Visitors can also interact with the birds by feeding them, which can be enjoyed by adults and children alike.Kamo Garden is registered as one of the Amazing Garden Hamanako, which consists of seven flower parks and gardens in western Shizuoka Prefecture, including "Hamamatsu Flower Park" and "Hamanako Garden Park". Visitors can also collect cute stamps in the Hamanako Hanameguri Shuinsho, which makes flower touring fun.

庄屋屋敷内の土間

長屋門

オリジナル花菖蒲

オリジナルアジサイ Kamoセレクション

庄屋屋敷室内

端午の節句のアヤメ酒

天竜浜名湖線 「原田駅」より 徒歩 約15分~20分

(JR掛川駅より天竜浜名湖線に乗換えができます) >>天竜浜名湖鉄道ホームページ

JR「掛川駅」より タクシー 約20分 掛川タクシーTEL:0537-22-3231

袋井方面よりお越しのお客様 袋井タクシーTEL:0538-42-2131 袋井交通タクシーTEL:0538-42-2251

From "Harada Station" of Tenryu Hamanako Line, about 15-20 min. on foot.

(You can transfer to the Tenryu Hamanako Line from JR Kakegawa Station)

About 20 minutes by cab from JR "Kakegawa Station" Kakegawa cab TEL: 0537-22-3231

Passengers coming from Fukuroi area Fukuroi cab TEL: 0538-42-2131 Fukuroi traffic cab TEL: 0538- 42-2251

加茂荘花鳥園(加茂株式会社)

<加茂荘花鳥園情報>

https://kamoltd.co.jp/

2024年4月26日(金)~6月23日(日) ※花菖蒲・アジサイ展開催期間

開園時間 8:00-17:00(受付16:30迄) / 期間中無休入場料2022年4月23日(土)~6月26日(日) ※花菖蒲・アジサイ展開催期間大人(中学生以上) 1,500円

小学生以下 無料

シルバー(65歳以上) 1,200円 年齢が分かる証明をご提示ください

障がい者 1,200円 障がい者手帳をご提示ください駐車場

料金…無料  ※駐車場は全て屋外となります。

普通車200台 バス6台所在地 〒436-0105 静岡県掛川市原里110

電話番号 0537-26-1211

グーグルマップ https://goo.gl/maps/mRTDuocwpdmx8zqp7

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ

2024/4/21 10:32

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます