春ドラマ「たーたん」が「原作改変問題」で制作中止…急浮上した“生ドラマ”放送の可能性

 2月21日に文春オンラインが報じた日本テレビ系ドラマ「たーたん」の制作中止。

 今年4月からムロツヨシ主演で放送が予定されていたものの、昨年の秋ドラマとして同局が放送した「セクシー田中さん」の「原作改変問題」を受け、同様に漫画を原作とする同ドラマの中止が急きょ決定したという。

 ドラマ「セクシー田中さん」の「原作改変」が原作者である漫画家・芦原妃名子さんの急逝のきっかけとなったことで、今も日テレには大きな批判が寄せられている。

「プロデューサーを担当するのがドラマ『セクシー田中さん』と同じ人物なら、原作を刊行しているのも同じく小学館。さらに今作でも原作ストーリーの大幅な改変があったことから、小学館と協議して中止を決定したようです。制作スタッフには21日の午前中に伝えられたそうですが、遅きに失した感は否めません」(テレビ関係者)

「たーたん」が制作中止を余儀なくされたことで、新たに別のドラマ企画し、放送する予定だという。

 同関係者が続ける。

「放送開始まで2カ月をきった状況で企画から収録まで行うのは至難の業。イチから作品を作るにはあまりに時間がなさすぎます」

 その結果、急浮上しているドラマの形式が―。

「こうした状況から、ギリギリまで時間をかけて台本を練り『スタジオにセットを組んだ“生ドラマ”で放送してはどうか』という案が日テレ局内で出ているんです。1クール丸々の生ドラマは前例がありませんが、そうでもしないと間に合わないとの危機感があるのでしょう」(前出・テレビ関係者)

 動向を注視したい。

(塚原真弓)

2024/2/23 18:15

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    2/25 16:26

    昭和の時代の監督や脚本家なんかはポルノ映画とかB級映画て下積みして腕を上げて名監督なったがいまはゴミ以下の素人が偉そうに作るからまだ高校生の舞台波なのに偉そうに漫画家の苦労のほうが10倍大変なんだよね。まあバライティも溝にされたくなるから本当に劣化が酷いね。まあアメリカの映画アバター名探偵コナンより遥かに入場者で負けてたからね映画でかけたら監督と脚本家にその責任で賠償させて少しはマトモに作るかもね

  • グレイス

    2/25 16:04

    生ドラマなんて無茶してまで新作ドラマに拘らなくても…。ドラマでなく舞台だけど準備不十分で3日間くらい初日がずれて本来の初日に予約していたファンに大ダメージ与えた騒動があったばかりじゃん? 過去作品をまんま再放送するのも、それはそれで批判されそうではあるが。

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます