JR東日本「みどりの窓口」大量閉鎖で今年の年末は大混乱に陥る大迷惑

「みどりの窓口がない…だと…」

 今年の年末年始は、筆者が愛読する「少年ジャンプ」のようなセリフを吐く乗客が増えると予想されている。

 特に混乱が予想されるのが、スノボやスキー客が訪れる上越新幹線。スキーヤーの知人からJR越後湯沢駅、JR浦佐駅、JR上毛高原駅とJR燕三条駅の4駅のみどりの窓口が閉鎖されたと教えられた。ガーラ湯沢駅はスキー&スノボシーズンのみ、窓口が開いている。

 これらの駅で新幹線の切符購入は「指定席券売機」での取り扱いのみ。障害者割引など、今までみどりの窓口で購入する必要があった切符は、ネット環境が整うまでは改札駅員に声をかけねばならない。

 改札で他の乗客がややこしい相談をしていると、発車時刻を気にしながら数分、待たされるハメになる。

 このJR東日本の、乗客サービスを無視した「効率化」には鉄オタだけでなく、出張族や機械操作が苦手な高齢者からも、不満の声が上がっている。高齢者や窓口購入していた障害者に「特急や新幹線には乗るな」と言っているようなものだ。

 JR東日本管内で2025年までに閉鎖される「みどりの窓口」は7割、約300駅にのぼる。首都圏で70駅程度、それ以外の北関東と東北、上北信越エリアで70駅程度にまで減らされる予定で、東京の主要路線である山手線ですら、30駅のうち11駅にしか、みどりの窓口がない(12月5日現在)。もう在来線から特急や新幹線に乗り換える主要駅以外には、みどりの窓口がないくらいの覚悟をしておいた方がいい。

 JR東日本のサイトで、みどりの窓口がある駅を調べることはできる。サービス精神ゼロのJR東日本の思惑に乗っかるようで、こんなことを勧めるのは悔しいが、年末年始に「券売機の混雑で新幹線に乗り遅れる」のを避けたいなら、あらかじめネット予約、チケットレスサービスで新幹線や特急チケットを事前購入しておくべきだろう。

 クレジットカードを持ってない学生や機械操作が苦手な高齢者も、家族に頼んでチケットを予約購入してもらった方がいい。

 ついでに言うと、JR東日本は今年6月から「無記名のSuica」の新規購入もできなくなっている。年明け、大学入試で上京する受験生がいる家庭は、ICOCAやSUGOCAなどJR各社のICカードやモバイルSuicaアプリを準備しておくことを強くお勧めする。

(那須優子)

2023/12/10 9:58

この記事のみんなのコメント

2
  • あきひろ

    12/10 16:37

    みどりの券売機があれば別に困らんがそれもあんまり数が無いからな年末とかは最低でも前日には切符買っておかないと年寄りでつっかえて長蛇の列だからな。まあこれからはチケットレスの時代なんだろうけどスマホにカードのアプリやらセキュアのアプリやらJwestのアプリやら入れるの面倒なんでね。

  • トリトン

    12/10 16:04

    あきひろくん流大阪のバスの話と同じ赤字まで出してやること無いから閉鎖してもガタガタぬかすな!だよね~しかたがないよね。慈善事業でないから。嫌なら都会に住めや!とあきひろくんなら言いそうだね。

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます