【ぽかぽか】志穂美悦子が引退を決意した夫・長渕剛の言葉に「モラハラ気質でマジで無理」拒否反応!

 シンガーソングライター・長渕剛の妻でフラワーアクティビストの志穂美悦子が12月4日放送の「ぽかぽか」(フジテレビ系)に生出演して語った、結婚後に芸能界を引退した理由についてのトークが反響を呼んでいる。

 志穂美といえば、抜群の身体能力を生かした稀代のアクション女優として知られ、師匠の故・千葉真一さんも認めるほどの大器だった。1986年には、現在の夫である長渕の恋人役で共演したドラマ「親子ゲーム」(TBS系)で交際に発展。翌87年の結婚会見で「クセのある男なので、専業主婦したい」と話し、以降は芸能活動から事実上の引退。この日の「ぽかぽか」は、同局で同じ時間にかつて放送されていた「笑っていいとも!」以来、37年ぶりのバラエティ番組出演となった。

 そんな志穂美だが、長渕との結婚時「私は引退するつもりはなかった」と告白。芸能活動を「あわよくばやりたいと思っていた」というが、「家の中に2つの星はいらないと言われて。“かの方”から」と、長渕からの要請で専業主婦になったと明かした。

 当時、志穂美は「じゃあ、私のこれまでのキャリアは?」と返したというが、長渕からは「まぁ、おいおいな」とはぐらかされ、直後の妊娠で「子どもができて、身体から出てきた命を抱いて、“あぁ、もう自分の仕事はいいや”と思いました」と振り返っている。

「いかにも“オラオラタイプ”に見える長渕らしい言葉で、番組MCのお笑いコンビ・ハライチの岩井勇気は『“北斗の拳”じゃないですか』とツッコむも、主に女性と思しき視聴者からはネット上で、『昭和男のモラハラ気質マジで無理』との拒否反応が殺到。とりわけ志穂美が日本の映画界で初めて“超本格アクション女優”として頭角を現したともあり、『日本の芸能界にとって大きな損失』とガッカリする人や、長渕の言葉に『何様なんだ』『ご本人が納得してるならいいけど…なんだかなぁ』『モラハラ臭がプンプン』『美しくて激しいアクションできる女優さん他にいなかったのに!』とする反応もありました」(テレビ誌ライター)

 10月29日の自身のインスタグラムでは「いろいろやりたいことがあるので、からだ作ってます」と綴り、筋肉隆々な姿を披露していた志穂美。32歳での早期引退は悔やまれるが、現在もその肉体が健在であることを証明しており、女優復帰を期待したいところだ。

(木村慎吾)

2023/12/6 11:15

この記事のみんなのコメント

2
  • 記事中の『何様なんだ』と言うほうが何様。

  • トリトン

    12/6 19:42

    志穂美悦子ファンだったのに長渕か引退させたのだねかぐや姫のコンサートのトイレ休憩で謳ってたカスだったのに偉そうになってゴミクソ野郎になったやつと結婚したがまだ続いてるのは良いところも少しはあるのだろうね。人としてはゴキブリ以下だが(歌は別)

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます