レストランの店員「10名でコース予約ですね」予約した客「今頃焦ってるかな~(笑)」⇒【迷惑行為】を繰り返した男の末路…

皆さんは、お客さんの行動に悩みはありますか? 今回は「無断キャンセルをする男」にまつわる物語とその対処法を紹介します。 ※この物語はフィクションです。

イラスト:あしたのLaw 〜スカッと法律漫画〜

無断キャンセルを繰り返す男の末路

彼女との記念日のデートのために、人気店の個室を予約した主人公。

個室は6人以上でないと予約できないため、主人公は6人で予約し、当日4人はキャンセルになったと店員に告げます。

すると、店員に4人分のキャンセル料を請求されてしまいました。

逆ギレした主人公は支払いを拒否して立ち去ります。

苛立ちが収まらない主人公は、その後嫌がらせを思いつき、店に予約を入れました。

出典:あしたのLaw~スカッと法律漫画~

「10名でコース予約ですね」と店側は予約を受けますが…。

当日「もうつく」などと店に適当に伝えた後、予約時間を過ぎてから着信拒否したのです。

そして「今頃焦ってるかな~(笑)」と笑う主人公。

その後も、予約と無断キャンセルを繰り返す嫌がらせを続けました。

しかし店側が電話番号から犯人は主人公だと特定した結果…。

警察がやってきて主人公は連行されてしまうのでした。

こんなとき、あなたならどうしますか?

スタッフに共有する

無断キャンセルをするお客さんのことを、スタッフ全員に共有します。

店長にも相談し、対応を考えていきたいです。

(30代/女性)

弁護士に相談

正当な支払いをされず、迷惑行為が続く場合は弁護士に相談します。

状況によっては相手を訴えたり、慰謝料の請求をしたりします。

(20代/女性)

今回は非常識な客の対処法を、皆さんのアンケートをもとに紹介しました。

もし同じような出来事があったときは、ぜひ参考にしてみてください。

※こちらの記事は皆さんから寄せられたアンケートをもとに作成しています。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。

(lamire編集部)

2023/11/29 10:35

この記事のみんなのコメント

3
  • 基本的に“民事”のことだから、警察はなかなか介入してくれないよね。“何度もやった”ところに事件性があるかどうかの立証が難しい。まあ通報は、しないよりした方がいいけど… 警察通報と平行して、弁護士等にも相談しておいた方がいいね。

  • トリトン

    11/29 11:40

    当然払わなかったら警察に通報して警察署で楽しい会話してもらうだけだよね。

  • いち(

    11/29 10:16

    一回目の時点できっちりキャンセル料貰うまでかえしません。二回目はないようにします。

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます