「応援団」にも「憤懣を抱いている」とブチまけられた岸田文雄「改憲は必ずやる」のアキレた他人任せ

 内閣支持率の急速な低下に焦りまくる岸田文雄総理は最近、憲法改正を強調するなど、保守派の支持をつなぎとめようと、躍起になっている。

 そうした下心を見透かすように、11月27日に国会内で開かれた「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の会合で、共同代表を務めるジャーナリストの櫻井よしこ氏は次のように言って、公然と批判した。

「岸田さんは(改憲を)『必ずやる』と繰り返すが、このスケジュール感は何か」

 岸田総理は「党総裁任期中(来年9月)の改憲」を繰り返しているが、櫻井氏は、

「この段階になって、条文の整理もできていない。なんで今頃になってこういう要望を我々がしないといけないのか。私は限りなく自民を応援する者だが、このふがいなさに限りない憤懣を抱いています」

 なんらイニシアチブを発揮しない岸田総理への不満を、大爆発させたのである。

 岸田総理の見え見えの姿勢は野党の格好の攻撃材料となっており、参院憲法審査会の野党筆頭幹事を務める辻元清美氏(立憲民主党)は11月27日の参院予算委員会で、

「総裁選再選のため、右派をつなぎとめたいから、改憲を『先送りできない』とおっしゃっているのではないか」

 とズバリ追及した。岸田総理は「私は憲法改正を取り上げてきた」と弁明したが、説得力に乏しいのは明らかだ。

 岸田総理は10月23日の所信表明演説で、こう語っている。

「『あるべき国の形を示す』国家の基本法たる憲法の改正もまた、先送りのできない重要な課題です」

 ところが次の発言に、その「他人任せ」なズルズル感が見て取れるのだ。

「国会の発議に向けた手続きを進めるためにも、条文案の具体化など、これまで以上に積極的な議論が行われることを心から期待します」

 もはや支持率回復など、期待すべくもないだろう。

(喜多長夫/政治ジャーナリスト)

2023/11/29 9:59

この記事のみんなのコメント

3
  • 改憲?その意気込みは素晴らしいと思うが…来年9月?日本史上初の改憲だぞ。審議はとことん尽くす必要があるし、予算もかなり必要だろ。何よりも、国民の直接投票を要すること。一年足らずで改憲が出来るはずないだろ。もし実現したら、日本で初めて改憲を行った首相として歴史に残ることになると思うけど…具体的にいったいどこを改憲しようと考えてるのか?それを国民に周知することが必要だろ。

  • トリトン

    12/2 16:48

    この岸田と政府韓国と一兆五千億のフワップやったよね金をドブに捨てるくせにトリガーには使いたくないのにな、ましてや過去助けてもいらぬことするな迷惑だ!と、韓国に言われてるのにましてや頭を下げたら借りてやることま無いとか抜かしたのにとことん国民の神経逆なでする奴らやな。

  • トリトン

    11/29 14:47

    内閣の裏切り者の鈴木と宮沢の、クビでも切ったら少しは支持率上がるのにね。所得税の減税の金が無いと言った鈴木とトリガーやると大変だと岸田が提案したものに部下のくせに反対意見するガラクタ内閣だともともと思われてるがそれ以上だからね。そして記載漏れ岸田の団体もましてや総理のくせに知らなかった?重く責任を感じる?思うだけそして検討というだけの総理といわらてるからね。おまけは嘘つきは岸田の始まりとまで。

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます