【オールカマー】芝2200mベストのジェラルディーナが連覇狙う

 中山11Rのオールカマー(3歳上・GII・芝2200m)はジェラルディーナ(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)で勝負する。

 1年前のこのレースの勝ち馬で、続くエリザベス女王杯も制した現役トップレベルの牝馬。今年3戦は大阪杯が6着、クイーンエリザベスII世Cが6着、宝塚記念が4着だが、先の2戦は復調途上だったので参考外。そこで前走に注目してほしい。序盤は後方だったが、3角から捲って先団に取り付き、4角で先頭に並びかける強気な競馬。最後は脚が鈍ったが、それでもイクイノックスから0秒2差の4着だから、間違いなく負けて強しの内容だった。

 今回は休み明けだが、攻めの動きを見る限り、仕上がりは良さそう。芝2200mも4戦してエリザベス女王杯とオールカマーを勝つなど、2勝、4着2回とベスト。タイトルホルダーが復調途上なら、負けられない一戦となる。

2023/9/23 19:15

この記事のみんなのコメント

1

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます