清酒「菊盛」が令和4酒造年度 全国新酒鑑評会で入賞

拡大画像を見る

木内酒造株式会社
木内酒造 (茨城県那珂市)は、令和4酒造年度 全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所・日本酒造組合中央会共催)において、弊社の清酒「菊盛」が入賞いたしましたのでここにお知らせいたします。


木内酒造 清酒「菊盛」をつくる弊社社員
木内酒造は今年で創業200周年を迎えますが、清酒「菊盛」は創業当時から続く伝統の純米酒です。築いてきた伝統を守り、今後も皆さまにご満足いただける日本酒をお届けできるよう努めてまいります。

清酒「菊盛」商品紹介ページ
https://kodawari.cc/product/product.html

令和4酒造年度 全国新酒鑑評会について


令和4酒造年度に製造された清酒を全国的に調査研究することにより、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、もって清酒の品質及び製造技術の向上に資するとともに、国民の清酒に対する認識を高めることを目的として開催される、独立行政法人酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の共催による鑑評会。

・出品点数:818点
・審査日:(予審)令和5年4月19日(水)~21日(金)
     (決審)令和5年5月10日(水)~11日(木)
・審査結果:入賞酒394点(成績が優秀と認められた出品酒)

独立行政法人 酒類総合研究所
https://www.nrib.go.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
  • 5/26 13:14
  • PR Times

記事の無断転載を禁じます