タイガー魔法瓶、自宅でサイフォン式コーヒーが味わえるカフェマシン「Siphonysta(サイフォニスタ)」発売

拡大画像を見る

タイガー魔法瓶が高級コーヒーメーカー市場に参入を発表。サイフォン式コーヒーの抽出を自動化したコーヒーメーカー「Siphonysta(サイフォニスタ)」を2月21日(火)より発売する。価格はオープンで、メーカー直販価格は6万6000円(税込み)。

サイフォン式コーヒーは、フラスコ内の水を沸とうさせ、気圧変化によりコーヒーを抽出する方式。用意する道具や作業工程が多く、抽出方法が難しいといった理由から、これまで自宅で楽しむにはハードルが高かった。

そのサイフォン式の抽出工程を、タイガー魔法瓶が長年培ってきたスチーム技術と熱制御技術を駆使してカフェマシンで再現した「サイフォニスタ」は、スチームにより瞬時にコーヒー粉全体を蒸らす浸漬式を採用。

上部シリンダーの空気を抜くことで、上下シリンダーに圧力差を発生させ、コーヒーのろ過と抽出をおこなう。抽出されたコーヒーが噴水のように噴きあがる、サイフォン式ならではの演出が自宅でも手軽に楽しめる。

操作パネルはシンプルで、風味3段階と濃さ3段階の選択キーを押すだけで、抽出過程の温度や時間を自動で調整。その時の気分やコーヒー豆に合わせた好みの味をボタンひとつで9パターンからカスタマイズすることができる。

また、高温で抽出をはじめ、途中で低温に切り替えて抽出するDual Temp(2段階温度抽出)モードを搭載。雑味を押さえ、よりコーヒー豆本来の風味を楽しめるという。

開発担当者によると、「コロナ禍により自宅でコーヒーを楽しむ人が増加し、こだわりの豆、こだわりの抽出で、本物の味を求めるこだわり志向の生活者が増えている」と、開発の背景となる消費者ニーズの変化を説明。自宅でコーヒーの焙煎や淹れ方を個人的に探究し楽しむ流れを「第4の波(フォースウェーブ)」と定義し、「サイフォニスタ」を展開することで「コーヒーによる感動体験を提供していきたい」としている。

関連リンク

  • 1/26 11:00
  • ガジェット通信

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます