不自然な呼吸をする愛猫を心配した飼い主、検査費用に110万円かけるも結果に苦笑い(英)

拡大画像を見る

英グレーター・マンチェスターのサルフォードに住むアビゲイル・レイカーさん(Abigail Laker、23)は、昨年から黒猫の“ムース(Moose)”を飼い始めた。初めて会った時に「一目惚れだった」というアビゲイルさんは、そんなムースに避妊手術を受けさせるため地元の動物病院を訪れた。

すると手術前の診察を行った担当獣医から、ムースの呼吸ペースが通常よりも速いことを指摘された。健康上の問題があると麻酔をかけての避妊手術はリスクとなるため、担当獣医は「原因を調べる必要がある」とアビゲイルさんに告げたそうだ。

猫や犬も飼ったことがあるアビゲイルさんは「犬は“ハアハア”と息をするので、ムースの呼吸について気になっていませんでした。獣医から普段どれくらいの頻度でこのような呼吸をするのか記録を取るように指示を受けたことで、ムースがこの呼吸を何度もしていることに気がつきました」と話している。

健康な猫は1分間に20~30回ほど呼吸をするが、ムースは時々1分間に80回もの呼吸をすることがあったのだ。アビゲイルさんは「ムースは1分間の呼吸が100回を超えることもあり、その時は急いで動物病院に連れて行かなくてはなりませんでした」と明かし、ムースが大きな病気を抱えているのではないかと次第に不安が大きくなった。

それ以降、アビゲイルさんはムースの健康問題を明らかにするため数か月にわたって動物病院に通い、専門の獣医による診察や検査を受けたことでようやくムースに診断が下された。獣医はムースに健康上の問題はなく、ただ風変わりな性格のためにこのような呼吸をしていると判断したのだ。

最愛のムースに問題が無いと分かり、安堵したアビゲイルさんは「専門の獣医がムースはちょっと変わった子だと言ってくれたのですが、その診断には7000ポンド(約110万円)もかかってしまいました。できる限りの検査をした結果、不自然な呼吸は心臓や肺の異常によるものではなく、単に性格からくる行動だろうと言われたのです。ムースは何でも大げさに振舞うので、呼吸の仕方もムースの性格ゆえだと言われれば納得できますね」と痛い出費となってしまったが笑ってコメントしていた。

なお先月には尻尾を痛がる愛犬を獣医に診せたところ、「幸せすぎるせい」と診断されたケースが大きな話題を呼んでいた。

画像は『The Mirror 2023年1月18日付「Student spends £7,000 on vet bills just to find out that she has a ‘weird’ cat」(Image: Caters News Agency)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 1/26 5:01
  • Techinsight japan

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます