門脇麦“初音”、田中圭“朝陽”から命じられたスカウトの相手に驚き!?

拡大画像を見る

門脇麦が主演を務める水曜ドラマ『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第3話が、1月25日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同番組は、元天才ヴァイオリニストで超地味な市役所職員と変人マエストロの最強(!?)の2人が、ポンコツ交響楽団(オーケストラ)を一流オケに大改造!? 爽快感バツグンの音楽エンターテイメントドラマ。現在TVerでは、1話が延長配信中。

前回第2話で、谷岡初音(門脇)とフルート首席・庄司蒼(坂東龍汰)の同居生活がスタートし、新生「児玉交響楽団(=玉響)」が初公演へ向けて出発。そんな矢先、第3話では、オケの大黒柱であるティンパニが突然退団し大ピンチ! さらに10年ぶりのステージに不安を抱く初音。玉響は無事本番を迎えることが出来るのか――。

初音は蒼を下宿人として家に招き、妹・奏奈(恒松祐里)と3人での同居生活が始まった。奏奈は蒼を意識して家事を張り切るが、初音は誰が居ようとジャージ姿でお構いなし。それより気掛かりなのは、10年ぶりのステージ復帰を前に、本当に舞台に立てるのか自信がなかなか持てず、市長の常葉修介(生瀬勝久)をはじめとする市役所の職員たちにヴァイオリニストであることを黙ったままなこと。

本番に向けて盛りあがる玉響に、突如悪い知らせが飛び込んでくる。ティンパニの木之崎(篠崎史門)があいさつもなく辞めてしまったのだ。吹奏楽発表会の本番まであと4日……オケの大黒柱であるティンパニがいなくなり、玉響は大ピンチ!

練習後、初音は常葉朝陽(田中圭)からメモを渡され、そこに書かれた「藤谷耀司」という男をティンパニとしてスカウトしてくるよう命じられる。

佐々木玲緒(瀧内公美)と蒼とともに東京のライブハウスを訪ねた初音は、そこでドラムを叩く藤谷をじっと見ているうちに、ふと思い出し……「あ――っ!!」と声をあげる。果たしてその人物とは?

降りかかる数々の妨害……ティンパニは無事加入なるか!? そして、初音と玉響の初めての公演はうまくいくのか――?

関連リンク

  • 1/25 14:00
  • TVerプラス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます